ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

2010年サプライチェーンの透明性に関するカリフォルニア州法

Cell Signaling Technology (CST) は、社員に安全で包括的、刺激的な労働環境である職場を提供することを約束しており、また、多様性、人間の尊厳、そして意義のある職務内容の重要性を理解しています。CSTの雇用過程は最高水準に従っており、児童労働、奴隷制、人身売買を律する法律を完全遵守しています。弊社は、そのような保護対策と価値観を組み込んだ会社方針を、CSTの供給会社の従業員に対して持つことも同様に重要であると理解しています。継続する企業社会責任使命の一部として、弊社の供給会社もまた児童労働、奴隷、人身売買を決して使用することがないように、製品サプライチェーンを検査、監査するための手順書を作成中です。

サプライチェーンの透明性に関するカリフォルニア州法により、CSTは奴隷制と人身売買に対抗するための、5つの特定の分野における現行の慣習を開示する必要があります。この点においてCSTは、その製品サプライチェーンにおいて人身売買の危険を察知、評価、管理するための検査や監査活動は現在行っていません。同様にCSTは現在、直接供給会社が弊社との事業を行う国の労働法を遵守していることを証明する要求はしていません。まだ開始段階にあり、供給会社に対する奴隷制や人身売買に関する内部責任基準を作成したり、供給会社を担当するCSTの従業員や契約社員への講習を行ったりはしていません。社会の一員としての企業の責任を強化を継続していく意向であり、それに伴いこのウェブページも更新し続けていきます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink