ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

更新:2020年 助成金プログラム

今すぐ申請する

新規の助成金申請の締め切り:2020年秋、 10月15日

環境スチュワードシップ (environmental stewardship) は、CSTにおいて、事業における意思決定や社員文化の指針となる、中核的な価値観です。環境助成金 (Environmental Grants) は、生態系の保護、野生生物研究、および野外のレクリエーションと保全において、コミュニティーを関与させるための創造的な方法への助成金を提供しています。こうした調整により、2020年のCST助成金プログラムは次の通り変更されます。

  • 2020年、環境助成金は、マサチューセッツ州に基盤を置く団体を集中的に支援します。申請者は、最高10,000米ドルまでの助成金について、詳細な予算を含む申請書を提出することが求められます。今年になって財政難に陥った継続中のプロジェクトの支援を目的としているため、プロジェクトに基づく助成金の要件は緩和される見込みです。新たな環境助成金の申請の締め切りは2020年10月15日です。
  • マサチューセッツ州にある非営利団体が優先されます。
  • 多数の人の利益になる団体やプロジェクトが、助成金の提供先として優先されます。
  • 環境カテゴリーでの2020年の申請をすでに提出している団体は、新しいガイドラインに基づいて再申請していただくか、あるいは、提出済みの申請書を弊社で評価します。

助成金申請ガイドラインとプロジェクト記述基準

  1. 非営利団体のみが検討対象です。非営利であることを証明するために、IRS Form 501(c)3の複写を提出してください (必須)。
  2. 他者を公然と差別するグループやイベントを支援する申請は、審査も資金提供も受けられません。
  3. 申請書には、助成金申請の詳細を含む、研究の短い要旨を記載してください。
  4. 助成金が必要な理由、給付を受けるのは誰か、関係する主要人物とその連絡先、項目別予算を含む予算案を記載してください。見積もり価格など、委員会にとって有益と思われる追加情報も含めてください。

ご質問等がある場合はご連絡ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink