ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

廃棄物管理

廃棄物管理

「ゼロ・ウェイスト」の目標のもと、CSTは廃棄物処理の流れを熟考し、環境への悪影響を最小化する取り組みを実施しています。この努力は製品の持続的可能性ある包装資材、カフェテリアでの堆肥化可能な製品の使用、研究所でのシングルユースプラスチック製品のリサイクルなどにも表れています。米国内の2軒のカフェテリアには100%堆肥化可能な皿、ボウル、ナプキンやカップをストックしています。これらは現地で堆肥化して土に還しています。その土は堆肥化を委託した会社により弊社のコミュニティーガーデンに戻されているため、途切れのない有機システムが完成しています。2016年の夏、CSTは紙、プラスチック、ガラス、鉄、段ボールを同じごみ箱に入れることができる、合理化されたリサイクル法に移行しました。これにより従業員はゴミの分別に時間を取られず、休憩室や廊下が複数のごみ箱に場所を取られることがなくなりました。一般的な研究所では、CSTは無害な用途で使用したニトリル手袋を収集、リサイクルすることにより、RightCycleプログラムに参加しています。このプログラムを通してCSTは約150,000組の手袋をリサイクルしており、ここから出た材料は業務用製品や消費者用製品に再利用されています。弊社の持続可能性プログラムの多数は従業員のアイデアにヒントを得ており、再使用可能なコップや紙廃棄物を最小限に留める試みを従業員が自発的に行っています。

廃棄物管理容器
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink