ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

神経変性の特性

神経変性の特性

ページビュー:

神経変性疾患は神経の構造と機能の喪失を特徴とし、これらは運動機能 (運動失調) あるいは精神機能 (認知症) の障害につながります。これらの変化は、年齢とともに蓄積する可能性のある遺伝子変異やタンパク質の折り畳みの異常によって起こります。アミロイド斑のような病態生理については多くの報告がありますが、神経変性を引き起こす細胞プロセスの多くは、まだ十分に解明されていません。これらの重要なプロセスの欠損は異なる神経変性疾患の間で共通することが考えられ、1つのプロセスを標的とする新しい治療法が多くの症状の進行を緩和する可能性があります。

アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、ハンチントン病などの疾患で、神経変性を引き起こす細胞メカニズムについてスターターガイドをまとめました。中枢神経系 (CNS) を構成する多種多様なタイプの細胞をどのように識別すればよいのでしょうか。細胞のタイプ別のマーカーガイドもあります!

Powered By OneLink