Buy 3 Get 4th Freeキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>

がんのエピジェネティックドライバーと調節因子

がんのエピジェネティックドライバーと調節因子

ページビュー:

がんの新しい予防法、検出法、治療法を探索する場合、がんのイニシエーションやプログレッションの段階でエピジェネティクスが担う役割を考慮することは大変重要です。このガイドでは、いくつかのタイプのがんにおいて重要なエピジェネティックバイオマーカー、調節因子、ヒストン修飾と、それらを研究するために最適な製品をまとめました。

CST製品の95%以上は社内で製造されており、製品の品質、検証、配送業務は完全にコントロールされています。つまり、CST製品を使用しておこなわれるアッセイは、プラットフォーム間で最適なパフォーマンスを発揮し、信頼性の高いデータを生成し、プロジェクトの全期間を通じて一貫した結果が得られます。また、必要な時に必要な試薬を入手することができます。

生物学的メカニズムに関する弊社の専門知識は、創薬の課題を特定して解決し、リスクを早期に軽減して、より早く結果を得るのに役立ちます。また、キャリアフリー抗体やカスタム標識などカスタムサービスも提供し、お客様の専門知識を補完し、プロジェクト固有のニーズに対応して創薬までのタイムラインを短縮します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink