Antibody Samplerキット & Antibody Duet 20% OFFキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>

代替通勤法計画

電気自動車充電器スタンド

米国CSTの代替通勤法プログラム (ATP) は、相乗り、徒歩、自転車、公共交通機関の利用など、代替通勤手段を促進する奨励金や、最高週2日までの休日などを提供しています。ATPはCST従業員の環境問題への取り組みの1例です。CSTは社内にシャワー設備、室内自転車用ラック、小型のロッカーなどを設置して通勤を支援するための改善を実施してきました。代替通勤法計画に加え、CSTは低排出・低燃費 (LEFE) 自動車を購入する従業員に$1,000の補助金を提供しています。LEFE車は、弊社ビルの入り口に近い優遇駐車スペースに停めることができます。2013年、CSTは従業員と登録済み訪問者が無料で使用できる、電気自動車充電器スタンドを2か所、米国内の両施設に造設しました。電気自動車充電器スタンドは、一部マサチューセッツ環境保護課からの助成金を利用し、2018年には2倍の数に増える予定です。代替通勤プログラムのハイライトとして、次のようなものが挙げられます:

  • 2012年から2017年、マサチューセッツ環境保護課より卓越した通勤者の選択肢ピナクル賞を受賞しました。
  • 通勤マイルが37​マイル削減されました。これは自動車で世界を917,210​周するのに匹敵する距離です。
    • 30,574ガロンの燃料を節約
    • 272トンの二酸化炭素の大気への排出を削減
    • 2012年以降33台のLEFE車を登録
Powered By OneLink