Antibody Samplerキット & Antibody Duet 20% OFFキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>

エネルギーの管理

エネルギーの管理

研究所は、地球上のエネルギーと天然資源を、最も集中的に消費する施設の1つです。研究所1平方メートルあたりで消費するエネルギーと天然資源は、一般的なオフィスビルに比べて5倍以上になることもあります。エネルギー節約への取り組みをとして、CSTはエネルギーの消費を2025年までに15%減少する目標を立てました。この目標を達成するため、非効率な機器や施設を取り替えることに注力し、代替エネルギーに目を向けています。超低温冷凍機は一部、すでにスターリング冷凍機より効率の高いモデルに取り替えました。また、電力使用を需要に応じて調節する可変周波数駆動 (VFD) が、送水ポンプと加熱モジュールに設置されました。ビバリー工場ではLED灯を2017年に導入し、2018年1月に稼働した屋上光発電システムにより254,322 kWhもの節電を実現しています。これは弊社の新しいエネルギー目標を達成するための対策の一環です。

Powered By OneLink