COVID-19の影響について | 詳細はこちら >>

CSTの抗体検証の方針

Cell Signaling Technology (CST) は、抗体の検証は、1つのアッセイだけでは行えないことを理解しています。免疫試薬が十分に特異的であり感度があることの確認は、使用するアプリケーションとプロトコール、解析しようとしているサンプルの種類と品質、および抗体そのものの本質的な生物物理学的な性質に依存します。

お客様の実験で必ず機能するように、当社ではHallmarks of Antibody Validation (抗体検証における戦略)、つまり機能性、特異性、およびアッセイ内での抗体の感度を判断するために使用できる6つの方法を忠実に守っています。CSTは、抗体メーカーとしての何十年間もの経験と、再現性のある科学への専心に基づき、Uhlenら (“A Proposal for Validation of Antibodies.”Nature Methods (2016)) の研究を適応してHallmarks of Antibody Validation (抗体検証における戦略) を構築しました。

CST Hallmarks of Antibody Validation (抗体検証における戦略)

当社の抗体は、各製品に適用される検証方法の組み合わせを慎重にカスタマイズすることにより、目的に適合していることを保証しています。これは下流アッセイの感度に関する要件、適切な試験モデルの可用性、および各方法の標的調査との関連性を検討しつつ、標的の生物学的役割に従い検証のプロセスをカスタマイズすることを意味します。

検証における戦略

説明

​バイナリーモデル: 抗体シグナルを、標的シグナルの存在または欠如が知られているモデルシステムの中で測定します。野生型対遺伝型ノックアウト、標的誘導又はサイレンシングなどがあります。
レンジ発現: 抗体シグナルの強度を、標的発現レベルの既知の連続体を代表する細胞株または組織内で測定します。siRNAやヘテロ接合ノックアウトアッセイなどが含まれます。
直交的データ: 抗体シグナルを、抗体非依存性のアッセイを使って測定したモデルシステム内での標的発現に相関させます。質量分析やin situハイブリダイゼーションなどがあります。
複数の抗体: 標的の非重複エピトープを標的とする抗体を使い、抗体シグナルを観察されたシグナルと比較します。IP、ChIP、ChIP-seqなどがあります。
異種発現: 抗体シグナルを、未変性 (または変異した) 標的タンパク質の異種発現後に細胞株内で評価します。
相補的アッセイ: 抗体の特異性は、相補的アッセイを使って検証できます。競合ELISA、ペプチドドットブロット、ペプチド遮断、タンパク質アレイなどがあります。
Powered By OneLink