Buy 3 Get 4th Freeキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>

PTMScan®ビデオとウェビナー

プロテオミクスの可能性:「発見」への明確な筋道 - パートII

このウェビナーでは以下をご覧いただけます:

PTMScan技術が、基礎研究と臨床現場の橋渡しを推進した実例をご覧ください。このショートビデオには、CSTがNSCLCの主要なドライバーを同定した経緯が描かれています。NSCLCに薬効を示すFDA承認薬が知られていますが、我々はさらに踏み込み、個々の患者に対して薬効を予測し、この治療の対象となり得るかどうかの診断に利用できる抗体を開発しました。この経緯も併せて解説されています。誰もが待ち望んだシンプルなプロテオミクスの実力を、

今すぐご確認ください >>

プロテオミクスの可能性:「発見」への明確な筋道

今すぐご確認ください >>

BioPlex:タンパク質相互作用ネットワーク

このウェビナーでは以下をご覧いただけます:

  • アフィニティー精製を大規模に行う方法とそれに関連する注意点
  • 相互作用ネットワークを使って、タンパク質の細胞内特性をどのように予測するかについて理解しましょう。

今すぐご確認ください >>

翻訳後修飾 (PTM):質量分析ベースのプロテオミクスのための抗体濃縮

このウェビナーでは以下をご覧いただけます:

  • PTMScanについての詳細 – 質量分析ベースのプロテオミクスのための翻訳後修飾ペプチドの抗体濃縮
  • K-e-GGユビキチンレムナントモチーフ抗体を用いたPTMScanが、ユビキチロームの大規模な定量解析にいかに活用されているかについてご確認ください。
  • PTMScanキットとPTMScanサービスを含む、CSTが提供するプロテオミクスについての詳細はこちらをご覧ください。

今すぐご確認ください >>

翻訳後修飾 (PTM) のPTMScan®プロテオミクス

PTMScan®プロテオミクス技術がどのようにお客様の研究を推進できるかについての詳細はこのチュートリアルビデオをご覧ください。このビデオには、翻訳後修飾 (PTM) を含むペプチドの分離と同定をおこなう各種の研究で、この独自技術を使用する方法を概説しています。さらにこのビデオには、PTMScan®技術がいかに最近のScience Signaling誌での報告を可能にしたかについての具体例も含まれています。

今すぐご確認ください >>

リン酸化ペプチド濃縮のための相補的な技術

プロテオミクスを通して、ある細胞内イベントに関わるシグナル伝達を解明する際、鍵となるタンパク質の重要なリン酸化の内在量が少ない場合は、濃縮技術が必要となります。このビデオでは、異なる2通りの方法、抗体ベースの免疫アフィニティー濃縮と、固定化金属アフィニティークロマトグラフィー (IMAC) を紹介しています。これらを用いて、リン酸化プロテオームをより完全に網羅するための戦略をご覧ください。

  • PhosphoScanはPTM特異的抗体/モチーフ抗体を用いて、異なるクラスのリン酸化ペプチドを濃縮します。
  • IMAC法は、負電荷と固定化金属イオンに依存する固有の錯体化学に基づいて、リン酸化ペプチドを捕捉します。
  • 各方式とも、異なる2つの手法の間でほとんど重複することなく (~ 6%)、薬剤処理したMKN-45細胞からの何千ものリン酸化ペプチドを同定します。

すなわち、このポスターでハイライトされているデータは、この2つの方法が極めて補完的で、リン酸化ペプチドの網羅的な解析に適していることを示しています。

今すぐご確認ください >>

プロテオミクスとシグナル伝達:質量分析で翻訳後修飾を探索する

このウェビナーは、視聴者に以下をお伝えします:

  • 細胞のシグナル伝達における翻訳後修飾とその役割について学びます。
  • 抗体ベースのプロテオミクスのアプローチが、既知の修飾と新しい修飾の同定、研究、特性解析にいかに適用できるかがわかります。
  • これらのアプローチが、企業やアカデミアの研究者によって、細胞シグナル伝達経路の詳細な分析、標的の同定、検証、バイオマーカーの発見にいかに適用されているかの具体例について聞くことができます。

今すぐご確認ください >>

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink