ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

PTMScan® Pathway Based Enrichmentキット

PTMScan Pathway Enrichment Bead

的を絞ったアプローチで、創薬標的やバイオマーカーの発見をお手伝いします

PTMScan® Pathway Based Enrichmentキットは、質量分析ベースのスクリーニングおよび定量化によるPTM解析を行うことで、重要なシグナル伝達経路の制御に関与する数千のタンパク質部位を解析することができます。これらのキットには、PTMScan® Directサービスで使用されているものと同じ抗体と技術が含まれています。標準的な部位特異的抗体を固定化したマルチプレックスビーズを利用して、既知の経路にて選定された標的のPTMを解析します。

解析の対象範囲には、創薬、バイオマーカーの探索、診断法の開発に重要な、主要なシグナル伝達ノードのリン酸化タンパク質および総タンパク質の部位が含まれます。このアプローチは、重要なデータポイントの見落としの可能性を下げることにより、網羅的な解析が可能で、カスタマイズ可能な柔軟性があり、標的を絞った後のフォローアップ解析もできます。

Multi-Pathway Enrichmentキット

PTMScan濃縮の円グラフ

ヒトがん細胞株をPTMScan® Multi-Pathway Enrichmentキットによって解析し、ペプチドをLC-MS/MSで同定しました。図は、解析結果から作成したタンパク質の相対カテゴリー分布です。

パスウェイの対象範囲

PTMScan® Multi-Pathway Enrichmentキットを用いることで、1度の実験で4000​以上のユニークな部位および 800​以上の重要な機能既知のタンパク質をプロファイリングでき、キーファクターの同定や定量が可能です。

Multi-Pathway Enrichmentキットの解析対象となるタンパク質部位のリストをダウンロード

ハイライトされた紫色のノードは、PTMScan® Multi-Pathway Enrichmentキットでモニタリング可能なシグナル伝達経路にある標的タンパク質の修飾部位を表します。

接着結合の動態で検出可能なリン酸化

接着結合の動態

AMPKシグナル伝達で検出可能なリン酸化

AMPKシグナル伝達

B細胞受容体シグナル伝達で検出可能なリン酸化

B細胞受容体シグナル伝達

細胞周期制御:G1/Sチェックポイントで検出可能なリン酸化

細胞周期制御:G1/Sチェックポイント

細胞周期制御:G2/M DNA損傷チェックポイントで検出可能なリン酸化

細胞周期制御:G2/M DNA損傷チェックポイント

ErbB/HERシグナル伝達で検出可能なリン酸化

ErbB/HERシグナル伝達

Gタンパク質共役型受容体からMAPK/Erkへのシグナル伝達で検出可能なリン酸化

Gタンパク質共役型受容体からMAPK/Erkへのシグナル伝達

インスリン受容体シグナル伝達で検出可能なリン酸化

インスリン受容体シグナル伝達

Jak/Statシグナル伝達:IL-6受容体ファミリーで検出可能なリン酸化

Jak/Statシグナル伝達:IL-6受容体ファミリー

MAPK (Mitogen Activated Protein Kinase) シグナル伝達カスケードで検出可能なリン酸化

Mitogen Activated Protein Kinaseシグナル伝達カスケード

増殖および分化におけるMAPK/Erkのシグナル伝達で検出可能なリン酸化

増殖および分化におけるMAPK/Erkのシグナル伝達

NF-κBシグナル伝達で検出可能なリン酸化

NF-κBシグナル伝達

PI3キナーゼ/Aktシグナル伝達で検出可能なリン酸化

PI3キナーゼ/Aktシグナル伝達

​アクチン動態の制御で検出可能なリン酸化

アクチン動態の制御

微小管動態の制御で検出可能なリン酸化

微小管動態の制御

SAPK/JNKシグナル伝達カスケードで検出可能なリン酸化

SAPK/JNKシグナル伝達カスケード

p38 MAPKを活性化するシグナル伝達経路で検出可能なリン酸化

p38 MAPKを活性化するシグナル伝達経路

T細胞受容体シグナル伝達で検出可能なリン酸化

T細胞受容体シグナル伝達

Toll様受容体シグナル伝達で検出可能なリン酸化

Toll様受容体シグナル伝達

解析結果の階層クラスタリング

PTMScan Multi-Pathway Clustering

PTMScan® Multi-Pathway Enrichmentキットを用いた解析で得られた、濃縮ペプチドの相対量に基づく階層クラスタリング。左:各段は組織のタイプに対するユニークなペプチドの結果。右:同定および定量されたAktペプチドの詳細。データは、0 (白、最低存在量) から1 (青、最高存在量) のスケールで示されています。

ギャップを橋渡しする

PTMScan® Multi-Pathway Enrichmentキットは、様々な細胞株、様々な実験処理におけるシグナル伝達経路の解析に適用可能な柔軟性をもち、フォローアップ実験のカスタマイズも容易です。例えば、まずはサンプル数を少数に絞って解析し、大量に見られる標的や、機能的な関連性が高いと考えられる標的に解析対象を絞り込みます。その後、解析サンプル数を増やし、先のステップで絞り込んだ標的に注目して解析を進めます。この解析には、引き続き、同じキットを使用することができます。PTMScan®の結果は、AQUA合成ペプチドあるいはその他の標準ペプチドを用いて検証することができます。

すべてのPTMScan®キットは、アッセイ10回分の試薬と詳細なプロトコールが含まれます。キットの内容には、PTMScan®技術の限定使用ライセンスも含まれます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink