COVID-19の影響について | 詳細はこちら >>

クロマチン免疫沈降

クロマチン免疫沈降 (ChIP) は、in vivoでのゲノム上のタンパク質-DNA相互作用の特定、解析を行う上で有効な研究手法です。

ChIPは、遺伝子あるいはゲノムの、時空間的なマッピングに使用されます:

  • 転写因子や転写コファクターの結合
  • 複製因子とDNA修復タンパク質
  • ヒストン修飾とバリアントヒストン

どのようなクロマチン調製法がお好みであれ、CSTではお客様のニーズに合ったChIPキットをご用意いたします。

SimpleChIP®製品ライン

検証:CSTでは、それぞれの抗体について、個別に推奨希釈率、推奨バッファー、推奨プロトコールが設定されています。これらの推奨条件は、適切なモデルシステムを用いた様々な試験を基に設定されています。

プロトコール:実験を速やかに開始し、時間と使用する試薬を最少化するための詳細プロトコール。

プロトコール関連製品:CSTプロトコールを用いて社内で検証されたプロトコール関連製品の総合的なリスト。お客様の実験に必要な信頼性のある試薬を提供しています。

テクニカルサポート:CSTの知識豊富なテクニカルサポートの担当科学者が、お電話とEメールで対応いたします。

Powered By OneLink