ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

チュートリアル

PI3K/Aktシグナル伝達研究

Aktの上流および下流のシグナル伝達機構のビデオチュートリアル。疾患でみられるAktシグナルの異常について言及しています。

注目のビデオ:ウェスタンブロッティングトラブルシューティングガイド

がんにおける代謝の変化:ワールブルク効果

CSTの後援でAAASが作成したウェビナー。腫瘍細胞でエネルギー産生のために生じる、酸化的リン酸化から乳酸生成への移行を説明しています。この効果に関連する重要なシグナル伝達経路、がん遺伝子、腫瘍抑制因子 (Akt、mTor、c-myc、p53) における研究成果を紹介しています。

エピジェネティクスについて

ヌクレオソーム、ヒストンコード、ユークロマチン・ヘテロクロマチンの状態を概説した3Dショートアニメーションです。

PTMScan®のトレーニングチュートリアル

PTMScan®技術を用いたプロテオミクスで、翻訳後修飾 (PTM) の変化を特定・定量する方法を説明したビデオチュートリアル。

プロテオミクスとシグナル伝達:質量分析で翻訳後修飾を探索する

AAAS後援のウェビナー。抗体を用いて特定のPTMペプチドを濃縮する手法と、MS/MS技術を組み合わせ、シグナル伝達に重要なPTMを網羅的に解析する方法を紹介しています。また、バイオマーカーの探索、検証、発見に、これらのアプローチが適用された例についても言及しています。

アポトソームの形成と活性化

カスパーゼ媒介型アポトソーム形成と活性化を3D描写したショートアニメーションです。この動画は、ミトコンドリアからのシトクロムcの放出から、アクチンフィラメントなどの細胞成分のt分解までを描いています。

サイトカイン受容体複合体と活性化

サイトカイン受容体複合体とその活性化を3D描写したショートアニメーションです。この動画は、急性期応答を誘発するサイトカイン、IL-6に注目しています。

タンパク質の分泌と小胞輸送

タンパク質合成について、mRNAの翻訳からエクソサイトーシスまで3D描写したショートアニメーションです。

誘導多能性幹細胞 (iPS細胞) の作成

iPS細胞作成法のステップ・バイ・ステップのガイドです。この解説記事は、ハーバード幹細胞研究所のRyan M. Walsh博士とKonrad Hochedlinger博士によって共同執筆されました。

幹細胞の研究

胚性幹細胞とその系列特異的な経路に沿った分化、初期胚発生にみられるエピジェネティクス制御とエピジェネティクス修飾について概説する、ビデオチュートリアルです。

ウェスタンブロッティングを成功させるためのガイド

ウェスタンブロッティングを成功させるために重要な要素を記載したアプリケーションガイドで、プロトコール、トラブルシューティング、実験データなどを含んでいます。

ウェスタンブロッティングプロトコール

ウェスタンブロッティングの特に重要なステップに注目した動画で、プロトコールの小さな変更が最終結果に及ぼす影響に言及しています。

ウェスタンブロッティングトラブルシューティングガイド

お客様の実験で生じている問題を特定するためのヒントを提供し、最短時間で期待される結果を確実に得るための解決策を見つけるビデオ動画。

免疫組織化学染色を成功させるためのガイド

プロトコールの全ステップを通した免疫化学染色のアプリケーションガイドです。トラブルシューティングのヒントや、推奨事項の根拠となるデータ等を含んでいます。手順全体で見られる推奨事項を含んでおり、IHC解析の改善に役立てていただけます。

免疫組織化学染色のヒントとコツ

パラフィン包埋サンプルを用いた、免疫組織化学染色の手法解説したビデオセミナーです。特にリン酸化特異的抗体を使用する場合の事例を挙げて、試薬の選択が結果に及ぼす影響、IHCにおける抗体の特異性の検証方法、データの誤った解釈を避ける方法について特定のIHCの例に対して明瞭に議論されています。

免疫蛍光染色を成功させるためのガイド

免疫蛍光染色の、プロトコールの特に重要なステップ、抗体のパフォーマンス、実験コントロールに着目し、これらの重要なコンセプトを解説したアプリケーションガイドです。CSTの推奨事項を裏付ける実験データも含まれています。

Powered By OneLink