ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

デスレセプターシグナル伝達のインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

アポトーシスは、対応するリガンドによるFas、TNFαR、DR3、DR4、DR5などのデスレセプターの活性化によって誘導されます。デスレセプターリガンドは、受容体をオリゴマー化することでシグナル伝達を開始する特徴があり、これにより特異的なアダプタータンパク質をリクルートし、カスパーゼカスケードを活性化します。FasLの結合はFasの三量化を誘導し、アダプタータンパク質FADDを介してイニシエーターCaspase-8をリクルートします。次に、Caspase-8は多量体化し、自己触媒作用によって活性化されます。活性化されたCaspase-8は、並行する2つのカスケードを介してアポトーシスを促進します。すなわち、Caspase-3を直接切断して活性化するか、もしくはアポトーシス促進性のBcl-2ファミリータンパク質であるBidを切断します。切断されたBid (tBid) はミトコンドリアへ移動し、シトクロムc放出を誘導することで、Caspase-9とCaspase-3を順番に活性化します。TNF-αおよびDR-3Lは、アポトーシス促進性シグナルまたは抗アポトーシス性シグナルを伝達します。TNFαRおよびDR3は、アダプタータンパク質TRADD/FADDおよびCaspase-8を活性化することでアポトーシスを促進します。TNF-αとTNFαRの相互作用により、NIK/IKKを介してNF-κBパスウェイが活性化されます。NF-κBが活性化されると、Bcl-2およびFLIPを含む生存促進性遺伝子の発現を誘導し、後者はCaspase-8の活性化を直接阻害します。FasLおよびTNF-αは、ASK1/MKK7によりJNKも活性化する可能性があります。JNKが活性化されると、リン酸化によりBcl-2が阻害される可能性があります。カスパーゼが活性化されない場合は、デスレセプターの刺激によって複合体IIbが形成され、ネクロプトーシスと呼ばれる別のプログラム細胞死経路が活性化される可能性があります。

参考文献:

この図をレビューして下さった、ハーバード大学医学大学院 (マサチューセッツ州、ボストン) のJunying Yuan教授に感謝いたします。

作成日2008年9月

改訂日2016年9月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink