ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ホスホリパーゼシグナル伝達

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

Phosphoinositide-specific phospholipase C (PLC) は、膜貫通シグナル伝達において重要な役割を担っています。PLC、ホルモンや成長因子、神経伝達物質などの細胞外の刺激に応答して、」Phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate (PIP2) を加水分解し、セカンドメッセンジャーであるInositol 1,4,5-triphosphate (IP3) やDiacylglycerol (DAG) を生成します。現在確認されているPLCファミリーは少なくとも4種類で、PLCβ、PLCγ、PLCδ、PLCεです。PLCの活性は、大部分がリン酸化によって制御されています。例えば、PKAやPKCによるPLCβ3 (Ser1105) のリン酸化は活性を阻害しますが、受容体 (EGFR) と非受容体チロシンキナーゼ (Syk) によるPLCγ (Tyr771、Tyr783、Tyr1245) のリン酸化は活性化につながります。加えて、PLCβサブファミリーのメンバーは、ヘテロ三量体Gタンパク質のαまたはβ/γサブユニットによって活性化され、GPCRシグナル伝達カスケードにおいて重要な役割を担っています。

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink