ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

細胞周期G2/MとDNA損傷シグナル伝達のインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

G2/M期のDNA損傷チェックポイントは、細胞がゲノムDNAの損傷を持ったまま有糸分裂 (M期) に入るのを防ぐ働きをしています。特に、Cyclin B-cdc2 (CDK1) 複合体の活性はG2期の移行の制御において重要な役割を担っています。チロシンキナーゼWee1とMyt1によって、cdc2の不活性状態が維持されています。細胞がM期に近づくと、Aurora Aキナーゼと補助因子のBoraが共同してPLK1を活性化し、次いでホスファターゼcdc25とその下流のcdc2を活性化し、フィードバック増幅ループが作られることによって、細胞は効率よく分裂期に入ることができると考えられています。ここで重要なことは、DNA損傷の刺激は、センサーとなるDNA-PK/ATM/ATRキナーゼを活性化し、これが2つの並行するカスケードに引き継がれて、最終的にCyclin B-cdc2複合体を不活性化するということです。第一のカスケードでは、Chkキナーゼがリン酸化してcdc2の活性化を妨げ、cdc25を不活性化することで有糸分裂への進行を急速に阻害します。より進行が遅い第二のカスケードは、p53のリン酸化に関与し、MDM2とMDM4 (MdmX) からのp53の解離を促します。これによってDNA結合と転写制御活性が、それぞれ活性化されます。p53の転写制御能は、コアクチベーター複合体であるp300/PCAFによるアセチル化を介してさらに増強されます。この第二のカスケードは、p53の下流で制御を受ける次の遺伝子から構成されます。14-3-3は、リン酸化されたCyclin B-cdc2複合体に結合し、これを核外に運び出す役割を担います。GADD45は、Cyclin B-cdc2複合体に結合して解離させます。p21 Cip1は、cdc2などのCyclin依存性キナーゼサブセットの阻害因子です。近年のデータでは、p53依存性WIP1ホスファターゼが、がんにおけるDNA損傷のシグナル伝達の阻害因子として、重要な役割を担っていることが示されています。ヒトのがんでは、p53の変異が共通して観察されることが研究から明らかにされています。これは、このチェックポイントが腫瘍形成にとって極めて重要な障害であることを示しています。さらに、BRCAファミリーやATM、ファンコーニ貧血症タンパク質などのDNA修復タンパク質に認められる散発性および家族性の変異も、このチェックポイントが重要な腫瘍抑制チェックポイントとして機能することを裏付けています。

参考文献:

この図の作成にご貢献下さった、Brigham and Women’s Hospital、ハーバード大学医学大学院 (マサチューセッツ州、ボストン) のHans Widlund教授に感謝いたします。

作成日2002年11月

改訂日2012年11月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink