ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

インスリン受容体シグナル伝達のインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

インスリンはグルコースや脂質代謝などの重要なエネルギー制御を担う主要なホルモンです。インスリンは、インスリン受容体チロシンキナーゼ (IR) を活性化し、IRSファミリータンパク質などの様々な基質アダプターをリン酸化・リクルートします。その後、チロシンがリン酸化されたIRSは多くのシグナル伝達因子に結合部位を暴露します。そのうち、PI3Kは主にAkt/PKBとPKCζカスケードの活性化を介して、インスリン作用において重要な役割を担います。活性化されたAktは、GSK-3の阻害を介したグリコーゲン合成、mTORとその下流因子を介したタンパク質合成、複数のアポトーシス促進因子 (Bad、FoxO転写因子、GSK-3、MST1) の阻害による細胞生存などを誘導します。AktはFoxO転写因子をリン酸化して直接的に阻害することで、代謝やオートファジーも制御します。それとは逆に、AMPKはFoxO3を直接的に制御して転写を活性化させることが知られています。また、インスリンシグナル伝達は、主にAktカスケードやRas/MAPK経路の活性化を介して、増殖と有糸細胞分裂も調節します。さらに、インスリンシグナル伝達経路はULK1キナーゼを介してオートファジーを阻害します。ULK1キナーゼは、AktとmTORC1によって阻害され、AMPKによって活性化されます。インスリンは、GLUT4小胞の細胞膜への移行を介して、筋肉および脂肪細胞のグルコース取り込みを刺激します。GLUT4の移行には、PI3K/Akt経路、IRが媒介するCAPのリン酸化、およびCAP:CBL:CRKII複合体の形成が関与しています。加えて、インスリンシグナル伝達は、CREB/CBP/mTORC2の結合阻害を介して肝臓における糖新生を阻害します。インスリンシグナル伝達は、SREBP転写因子の制御を介して脂肪酸とコレステロールの合成を誘導します。また、USF1とLXRの活性化を介して脂肪酸の合成も促進します。Akt/PKB、PKCζ、p70 S6K、およびMAPKカスケードから負のフィードバックシグナルが発せられると、セリン残基のリン酸化を介してIRSシグナル伝達が不活性化されます。

参考文献:

この図をレビューして下さった、スタンフォード大学 (カリフォルニア州、スタンフォード) のAshley Webb氏とAnne Brunet教授に感謝いたします。

作成日2003年6月

改訂日2016年9月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink