ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

NF-κBシグナル伝達のインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

Nuclear Factor-κB (NF-κB)/Relタンパク質には、NF-κB2 p52/p100、NF-κB1 p50/p105、c-Rel、RelA/p65、RelBなどがあります。これらのタンパクは二量体転写因子として機能し、自然免疫、適応免疫、炎症、ストレス反応、B細胞の発生、リンパ組織形成など、広い範囲の生物学的プロセスに関与している遺伝子の発現を制御します。従来の (または標準的な) 経路では、NF-κB/Relタンパク質は、IκBタンパク質と結合して活性阻害を受けます。炎症誘発性サイトカインであるLPS、成長因子、抗原受容体は、IKK複合体 (IKKβ、IKKα、NEMO) を活性化し、IκBタンパク質をリン酸化します。IκBはリン酸化されると、ユビキチン化を受けてプロテアソーム分解され、NF-κB/Rel複合体を遊離します。活性化したNF-κB/Rel複合体は、翻訳後修飾  (リン酸化、アセチル化、糖鎖修飾) によってさらに活性化されて核内に移行し、単独もしくは他の転写活性因子 (AP-1、Ets、Statなど) と共役して標的遺伝子の発現を誘導します。代替的な (標準的でない) NF-κB経路では、NF-κB2 p100/RelB複合体は細胞質内で不活性な状態にあります。LTβR、CD40、およびBR3などの受容体サブセットを介したシグナル伝達によって、キナーゼであるNIKが活性化し、続いてIKKα複合体が活性化されてNF-κB2 p100のC末端残基をリン酸化します。リン酸化を受けたNF-κB2 p100は、ユビキチン化とプロテアソームによるプロセシングを受けて、NF-κB2 p52を産生します。これによって転写制御能を有するNF-κB p52/RelB複合体が作られ、核内移行して標的遺伝子の発現を誘導します。ここではNF-κBアゴニストのサブセットと標的遺伝子のみが示されています。

参考文献:

この図の作成にご貢献下さった、ボストン大学 (マサチューセッツ州、ボストン) のThomas D. Gilmore教授に感謝いたします。

作成日2009年7月

改訂日2014年5月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink