ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

活性化p38 MAPキナーゼシグナルのインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

p38 MAPK (α、β、γおよびδ) は、MAPKファミリーに属し、様々な環境ストレスや炎症性サイトカインによって活性化されます。その他のMAPKカスケードと同様に、膜近位の構成因子はMAPKKKで、その代表的な例としては、MEKKやMixed lineage kinase (MLK) があります。MAPKKKは、p38 MAPKキナーゼであるMKK3/6をリン酸化、活性化します。MKK3/6は、アポトーシス性の刺激を受けるASK1により直接活性化されます。p38 MAPKは、HSP27、MAPKAPK-2 (MK2)、MAPKAPK-3 (MK3) の制御、およびATF-2、Stat1、Max/Myc複合体、MEF-2、Elk-1などといった様々な転写因子の制御に関与し、間接的にはMSK1の活性化を通じてCREBの制御にも関与しています。

参考文献:

この図の作成にご貢献下さった、ハーバード大学医学大学院 (ボストン、マサチューセッツ州、U.S.A.) のJohn Blenis教授に感謝いたします。

作成日2003年1月

改訂日2012年10月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink