ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

増殖と分化におけるMAPK/Erkのシグナル伝達インタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

MAPK/Erkのシグナル伝達カスケードは、受容体型チロシンキナーゼ (RTK) やインテグリン、およびイオンチャネルなど、増殖や分化に関与する様々な種類の受容体によって活性化されます。カスケードの具体的な構成因子は刺激因子によって異なりますが、通常、パスウェイは一連のアダプター (Shc、GRB2、Crkなど) から構成されます。これらはグアニンヌクレオチド交換因子 (SOS、C3Gなど) に対する受容体に結合して低分子GTP結合タンパク質 (Ras、Rap1) にシグナルを伝達し、それが今度はMAPKKK (Raf)、MAPKK (MEK1/2)、MAPK (Erk) で構成されるカスケードのコアユニットを活性化します。活性化されたErk二量体は、細胞質基質の標的を制御するとともに核内に移行し、そこで遺伝子発現を制御する様々な転写因子をリン酸化します。

参考文献:

この図をレビューして下さった、ハーバード大学医学大学院 (マサチューセッツ州、ボストン) のJohn Blenis教授に感謝いたします。

作成日2003年1月

改訂日2012年10月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink