ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

mTORシグナルインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

mechanistic target of rapamycin (mTOR) は、2種類の複合体に存在する、非定型のセリン/スレオニンキナーゼです。1つ目の複合体であるmTOR complex 1 (mTORC1) は、mTOR、Raptor、GβL、およびDEPTORから成り、Rapamycinによって阻害されます。mTORC1は主要な増殖制御因子で、成長因子、エネルギーレベル、細胞ストレス、およびアミノ酸などの、様々な栄養要因や環境要因を感知して統合します。mTORC1はこれらのシグナルを受けて、mRNAの翻訳や脂質の合成などの同化プロセスを増強する基質をリン酸化したり、オートファジーなどの異化プロセスを制限したりすることで細胞増殖を促進します。低分子GTPaseのRhebは、GTPとの結合状態ではmTORC1のキナーゼ活性に必要な強力な刺激因子であり、GAPであるTuberous sclerosis (TSC) のヘテロ二量体TSC1/2によって負に制御されます。上流での刺激の多くはAktとTSC1/2を介して伝わり、Rhebのヌクレオチド積載状態を制御します。対照的に、アミノ酸はPI3K/Akt経路から独立してmTORC1へシグナルを伝えます。すなわち、アミノ酸によってmTORC1のリソソーム表面への移行が促進され、そこでmTORC1はRhebと結合することで活性化されます。このプロセスは、複数の複合体 (主にv-ATPase、Ragulator、Rag GTPase、GATOR1/2) が協働することによって制御されます。2つめの複合体であるmTOR complex 2 (mTORC2) は、mTOR、Rictor、GβL、Sin1、PRR5/Protor-1、およびDEPTORから構成されます。 mTORC2は、Aktを活性化することで細胞生存を促進し、PKCαの活性化を介して細胞骨格動態を制御し、さらに、SGK1のリン酸化を介してイオン輸送および増殖を制御します。mTORのシグナル伝達異常は、がんや心血管疾患、糖尿病など、多くの病態に関与します。

参考文献:

この図をレビューして下さった、マサチューセッツ工科大学 、ホワイトヘッド研究所 (マサチューセッツ州、ケンブリッジ) のRachel Wolfson、Lynne Chantranupong、およびDavid Sabatini教授に感謝いたします。

作成日2008年9月

改訂日2014年6月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink