ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ESCの多能性・分化シグナル伝達のインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

胚性幹細胞 (embryonic stem cell:ESC) には、多分化能と自己複製能という明確な2つの特徴があります。これらの性質により、ESCは成体内において、いかなる細胞にも成長することができる一方で、未分化状態を維持したまま分裂し続けることもできます。こうした性質は、多数のシグナル伝達経路によって制御されています。ヒトESC (hESC) において、多能性と自己複製能に関与している主なシグナル伝達経路は、Smad2/3/4を介したシグナル伝達を行うTGF-βと、MAPK経路およびAkt経路を活性化するFGFRです。Wnt経路も多能性を促進していますが、これは転写活性化因子であるTCF1と抑制因子であるTCF3との間の均衡に関与する、標準的でないメカニズムを介して行われている可能性があります。これらの経路を通じたシグナル伝達が多能性を支えていますが、その働きは重要な転写因子であるOct-4、Sox2、およびNanogの3つに依存しています。これらの転写因子はESCに特異的な遺伝子の発現を活性化し、また自身の遺伝子発現をも制御する一方で、分化に関与する遺伝子を抑制します。さらに、これらはhESCマーカーとしても用いられます。hESCの同定に使われるその他のマーカーは、細胞表面の糖脂質であるSSEA3/4、および糖タンパク質のTRA-1-60とTRA-1-81です。in vitroでは、hESCは3つの一次胚葉 (内胚葉、中胚葉、外胚葉) や始原生殖細胞様細胞の誘導体になることができます。このプロセスを担う一次シグナル伝達経路の1つがBMP経路です。この経路ではSmad1/5/9を使ってNanogの発現抑制と、分化に特異的な遺伝子の発現活性化の両方を行うことで、分化を促進します。Notch経路もまた、そのNotch intracellular domain (NICD) を介して分化に関与しています。分化が進むと、各一次胚葉から分化した細胞は、分化系列特異的な経路に沿ってさらに分化していきます。

参考文献:

この図をレビューして下さった、ハーバード大学、Center for Regenerative Medicine、HHMI and MGH Cancer Center (マサチューセッツ州、ケンブリッジ) のJustin BrumbaughおよびKonrad Hochedlinger教授に感謝いたします。

作成日2009年5月

改訂日2016年9月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink