ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

免疫、炎症

免疫、炎症

ページビュー:

CSTのシグナル伝達パスウェイ図で個々の結節点をクリックすると、それに関連した研究リソースや製品情報を検索することができます。さらに、教育・研究のために、パスウェイ図をダウンロードすることも可能です。

免疫、炎症

Bリンパ球とTリンパ球は、体液性免疫応答と細胞性免疫応答をそれぞれ媒介し、適応免疫系を構成しています。B細胞は骨髄中で成熟し、抗体産生形質細胞に分化します。他方、T細胞は胸腺に由来し、エフェクター細胞として細胞性免疫を指揮します。

B細胞受容体 (BCR) は、膜結合型抗体 (免疫グロブリンまたはIg) と会合したIgα/Igβ (CD79A/CD79B) ヘテロ二量体から構成されます。膜結合型Igが抗原と結合し、一方で、CD79ヘテロ二量体はその細胞質の免疫受容体チロシン活性化モチーフ (Immunoreceptor Tyrosine-based Activation Motif:ITAM) ドメインを通じてシグナルを伝達します。T細胞受容体 (TCR) は、膜結合型αβヘテロ二量体 (TCRαβ)、4つのCD3鎖 (2つのCD3ε、1つのCD3γ、1つのCD3δ)、およびζ−鎖ホモ二量体から構成されます。TCRαβ二量体は抗原ペプチドを認識し、一方で、関連するシグナル伝達鎖は細胞質のITAMドメインでシグナルを下流に伝えます。このように、リンパ球の抗原受容体は、シグナル伝達アクセサリー鎖に連結した膜結合抗原受容体と同じ様式をとります。

BCRおよびTCRを介したシグナル伝達には、いくつかのSrcファミリーチロシンキナーゼ (B細胞ではBlk、Fyn、Lyn、T細胞ではFyn、Lck) の活性化が関与し、それらは受容体結合ITAMモチーフのリン酸化を引き起こします。リン酸化されたITAMはSykファミリーチロシンキナーゼ (B細胞ではSyk、T細胞ではZap-70) のドッキングサイトになります。活性化されたSykキナーゼは、下流のアダプタータンパク質のリン酸化を介してシグナルを増幅し、細胞内シグナル伝達カスケードを開始します。細胞の活性化に加えて、リンパ球受容体によるシグナル伝達は、B細胞およびT細胞の発生、分化、増殖、および生存を促進します。

自然免疫系は、免疫細胞集団とその耐性メカニズムから構成され、侵入する病原体に対する第一線の防御として機能します。Toll-like receptor (TLR) は、進化的によく保存されたパターン認識受容体 (PRR) ファミリーであり、微生物病原体に見いだされる病原体関連分子パターン (PAMP) を認識します。TLR1、 2、 4、 5、および6は細胞表面で発現される一方、TLR3、 7、 8、および9は、細胞内小胞に局在がみられます。リガンド結合を介したTLRの活性化は、 MyD88、IRAK、およびTRAF6を含む様々な細胞内シグナル伝達アダプターを含むシグナル伝達カスケードを引き起こします。TLRシグナル伝達は、MAPキナーゼ、NF-κB、およびIRFシグナル伝達経路の活性化を導き、これらは炎症性サイトカイン、タイプI IFN、ケモカイン、および抗微生物タンパク質の産生を通じて炎症を制御します。自然免疫細胞、特に樹状細胞におけるTLRシグナル伝達は、それらの活性化とそれに続く適応性免疫応答を誘導します。

参考文献:

  1. Harwood NE, Batista FD (2010) Early events in B cell activation. Annu. Rev. Immunol. 28, 185–210.
  2. Billadeau DD (2010) T cell activation at the immunological synapse: vesicles emerge for LATer signaling. Sci Signal 3(121), pe16.
  3. Maddaly R, Pai G, Balaji S, Sivaramakrishnan P, Srinivasan L, Sunder SS, Paul SF (2010) Receptors and signaling mechanisms for B-lymphocyte activation, proliferation and differentiation--insights from both in vivo and in vitro approaches. FEBS Lett. 584(24), 4883–94.
  4. Fuller DM, Zhu M, Ou-Yang CW, Sullivan SA, Zhang W (2011) A tale of two TRAPs: LAT and LAB in the regulation of lymphocyte development, activation, and autoimmunity. Immunol. Res. 49(1-3), 97–108.
  5. Kawai T, Akira S (2011) Toll-like receptors and their crosstalk with other innate receptors in infection and immunity. Immunity 34(5), 637–50.
  6. Moresco EM, LaVine D, Beutler B (2011) Toll-like receptors. Curr. Biol. 21(13), R488–93.
Powered By OneLink