ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

MAPキナーゼシグナル リソース

MAPキナーゼシグナル リソース

ページビュー:

CSTのシグナル伝達パスウェイ図で個々の結節点をクリックすると、それに関連した研究リソースや製品情報を検索することができます。さらに、教育・研究のために、パスウェイ図をダウンロードすることも可能です。

MAPキナーゼシグナル伝達

Mitogen-activated protein kinase (MAPK) は、細胞の増殖、分化、運動、ストレス応答、アポトーシスおよび生存などの様々な基本的な細胞プロセスに関与するセリン/スレオニンプロテインキナーゼの高度に保存されたファミリーです。従来のMAPKには、Extracellular signal-regulated kinase 1と2 (Erk1/2またはp44 / 42)、c-Jun N-terminal kinase 1-3​ (JNK1-3)/Stress activated protein kinase (SAPK1A、1B、1C)、p38アイソフォーム (p38α、β、γ、δ) およびErk5が含まれます。あまり研究されていない非定型MAPKには、Nemo-like kinase (NLK)、Erk3/4、Erk7/8が含まれます。

マイトジェン、サイトカイン、成長因子、および環境ストレス因子を含む広範囲の細胞外刺激は、受容体依存性および非依存性の作用により1つ以上のMAPKKキナーゼ (MAPKKK) の活性化を刺激します。その後、MAPKKKは下流のMAPKキナーゼ (MAPKK) をリン酸化して活性化し、さらにMAPKKはMAPKをリン酸化し活性化します。MAPKが活性化されると、RSK、MSK、またはMNKファミリーのメンバーおよびMK2/3/5のメンバーなどの特異的なMAPK-activated protein kinase (MAPKAPK) がリン酸化され活性化されます。これらのMAPKAPKは、シグナルを増幅し、異なるMAPKによって調節される広範囲の生物学的プロセスを媒介する機能を有します。ほとんどのMAPKKK、MAPKKおよびMAPKは1セットの基質に対して強い選択性を示しますが、重要なクロストークが刺激および細胞型依存的な形で存在します。

参考文献:

  1. Arthur JS, Ley SC (2013) Mitogen-activated protein kinases in innate immunity. Nat. Rev. Immunol. 13(9), 679–92.
  2. Cargnello M, Roux PP (2011) Activation and function of the MAPKs and their substrates, the MAPK-activated protein kinases. Microbiol. Mol. Biol. Rev. 75(1), 50–83.
  3. Cseh B, Doma E, Baccarini M (2014) "RAF" neighborhood: protein-protein interaction in the Raf/Mek/Erk pathway. FEBS Lett. 588(15), 2398–406.
  4. Darling NJ, Cook SJ (2014) The role of MAPK signalling pathways in the response to endoplasmic reticulum stress. Biochim. Biophys. Acta 1843(10), 2150–63.
  5. Koul HK, Pal M, Koul S (2013) Role of p38 MAP Kinase Signal Transduction in Solid Tumors. Genes Cancer 4(9-10), 342–59.
  6. Plotnikov A, Zehorai E, Procaccia S, Seger R (2011) The MAPK cascades: signaling components, nuclear roles and mechanisms of nuclear translocation. Biochim. Biophys. Acta 1813(9), 1619–33.
  7. Sehgal V, Ram PT (2013) Network Motifs in JNK Signaling. Genes Cancer 4(9-10), 409–13.
Powered By OneLink