ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

がんの主要なシグナル伝達ネットワーク

がんを読み解く

がんは多段階を経て発生すると考えられており、イニシエーションやプロモーションのステップでこれに関与するシグナル伝達機構は膨大な多様性をもつと考えられます。病態は非常に複雑であり、研究の進行とともに、当初の研究プロジェクトからしばしば枝分かれして広がってしまうことを、CSTは理解しています。がんにおけるシグナル伝達の研究は、細胞周期チェックポイントや転写制御に始まり、環境信号、血管新生、代謝の変調、エピジェネティクス制御、細胞の生存維持、免疫抑制などなど、大きな広がりをみせています。CSTで開発や製造に携わる科学者達は、現在主流となっている研究目的に沿った包括的な抗体の製品ラインナップをお客様に提供するために、疾患の様々な角度からがんのシグナル伝達にアプローチしています。

CSTはがん研究に情熱を注いでいます。全てのCST抗体は、標的の妥当性や特異性、ならびに検証されたアプリケーションの必要性を慎重に考慮して製造されています。製品はお客様に届くまでに細心の注意を払って設計およびテストされており、お客様のプロジェクトの達成を通じて科学的なテクニカルサポートを提供するというCSTの貢献を揺るぎないものにしています。

最高レベルの1抗体を使用することで得られたお客様の再現性の高い研究成果が、がんの発生や進行に関与する、疾患ドライバー、シグナル伝達機構、エピジェネティックな土台を解明することに貢献します。

パスウェイ

  1. 2015Biocompare抗体のマーケットレポート
がんのシグナル伝達経路ポスターのダウンロード
Powered By OneLink