ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

がんにおける免疫応答のエピジェネティック制御を解読する

 

演者:Andrea Schietinger博士 (MSKCC)、Benjamin A. Youngblood博士 (St. Jude Children’s Research Hospital)

がんは、いくつかの経路を通じて正常な免疫の監視をくぐり抜けます。例えば、腫瘍から単離されたT細胞は機能に障害があることが分かっており、これが免疫チェックポイント阻害剤などの免疫療法の可能性へのドアを開きました。しかし、免疫療法に対する臨床的な意義のある奏効性は、患者とがんのサブセットにおいてのみ認められてきています。もう1つ原因となっている可能性のある変数にT細胞疲弊があり、がん細胞排除における免疫系の効果を低減させる結果となっています。このような臨床上の課題に対処し、予測通りの効果を示すがん治療法をデザインするためには、腫瘍特異的T細胞の機能状態とその治療上の再プログラム化の可能性を決定する、根底にある制御機構を正確に解明することが必要です。このウェビナーでは、腫瘍特異的T細胞の機能障害と再プログラム化の可能性を決定する、根底にある機構とエピジェネティックプログラムについて説明し、がん免疫療法における課題と未解明の研究上の問題について考察します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink