ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

フローサイトメトリーが役立つ4つの状況

 

ウェスタンブロッティングは抗体を用いてタンパク質を検出しその発現を解析するのに用いられますが、限界もあります。フローサイトメトリーも同じく抗体を利用しますが、蛍光を用いて細胞ごとにタンパク質の発現を解析します。このビデオでは、ウェスタンブロッティングよりもフローサイトメトリーを試すべき4つの状況を紹介します。

  1. 複数の標的の解析 (マルチプレックス化)
  2. 細胞亜集団の解析
  3. 細胞内シグナル伝達イベント
  4. 相関解析
 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink