注目情報はこちら >>

Learning Lab LIVE!CUT&RUNエキスパート、Fang Chen博士とのQ&A

 

CUT&RUNアッセイを使って、サンプル内のタンパク質とDNAの相互作用をプロファイリングしたいですか?CUT&RUNは、固定によるアーティファクトや長時間かかるプロトコールなど、他の全ゲノムマッピング技術が抱える技術的課題の多くを克服しています。今回のLearning Lab LIVE!ウェビナー録画では、CSTのアプリケーションエキスパートであるFang ChenがCUT&RUNの概要を説明し、抗体の使用に関するよくある質問やCUT&RUNプロトコールのその他の技術的考慮事項についてお答えします。

CUT&RUNの機序に関して詳しく知り、実験用の試薬を探すには、ここをクリックしてください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink