ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

リン酸化ペプチド濃縮のための相補的な技術

 

プロテオミクスを通して、ある細胞内イベントに関わるシグナル伝達を解明する際、鍵となるタンパク質の重要なリン酸化の内在量が少ない場合は、濃縮技術が必要となります。このビデオでは、異なる2通りの方法、抗体ベースの免疫アフィニティー濃縮と、固定化金属アフィニティークロマトグラフィー (IMAC) を紹介しています。これらを用いて、リン酸化プロテオームをより完全に網羅するための戦略をご覧ください。

  • PhosphoScanはPTM特異的抗体/モチーフ抗体を用いて、異なるクラスのリン酸化ペプチドを濃縮します。
  • IMAC法は、負電荷と固定化金属イオンに依存する固有の錯体化学に基づいて、リン酸化ペプチドを捕捉します。
  • 各方式とも、異なる2つの手法の間でほとんど重複することなく (~ 6%)、薬剤処理したMKN-45細胞からの何千ものリン酸化ペプチドを同定します。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink