ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

プロテオミクスがシグナル伝達と会う

 

質量分析で翻訳後修飾を探索する

演者:Vipin Suri博士、GlaxoSmithKline;Cloud Paweletz博士、Dana-Farber Cancer Institute;およびChunaram Choudhary博士、University of Copenhagen

リン酸化、アセチル化、およびユビキチン化を含む翻訳後修飾(PTM)は、個別のタンパク質標的の活性を変化できる特異的な修飾です。これらの小さな修飾の累積効果は、細胞内の大きなシグナル伝達経路とネットワークの制御です。

質量分析は、シグナル伝達ネットワークの研究の間、個別のPTMの同定のための強力なツールです。タンデム質量分析と組み合わされた一連のPTMに対する、抗体濃縮を用いる新しいアプローチは、サンプル中の数十万のPTMの世界的な同定において、成功裏に用いられています。このウェビナーでは、これらのPTMのクラスに、どのように技術が応用されたかの例を説明します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink