ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

より良いIHC ステップ3:検出試薬

 

前へ ステップ2:抗体の希釈

免疫組織化学染色 (IHC) において、検出試薬は、一次抗体に直接、あるいは二次抗体中間体を介して間接的に結合することによって、酵素を特異的なエピトープ部位まで運びます。西洋ワサビペルオキシダーゼ (HRP) の発色基質が導入されると沈殿物が生じ、一次抗体と抗原の結合部位に沈着して顕微鏡で見えるようになります。

歴史的に、この相互作用はビオチンとストレプトアビジンにより容易になされます。二次抗体はビオチンで標識されており、ビオチンはストレプトアビジンに結合し、ストレプトアビジン分子自体は西洋ワサビペルオキシダーゼに結合します。

この方法にはいくつかの制限があります。それが何であるかはビデオをご覧ください。

次へ ステップ4:発色基質

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink