ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

老化を読み解く:老化のDNA損傷と細胞周期との関わり

 

演者:Sheila A. Stewart博士 (WUSTL) とJames L. Kirkland博士 (Mayo Clinic)

老化とは、細胞周期の不可逆な停止を含む複雑な細胞ストレス応答であり、それにより欠損や損傷を持つ細胞の増殖を防ぎます。こうした効果によって、老化は身体の腫瘍抑制応答と修復経路開始の主要な構成因子となっており、健康を促進するメカニズムです。逆に言うと、老化細胞は認知症、関節炎、アテローム性動脈硬化など、加齢関連疾患の患者の罹患組織に蓄積します。このような蓄積は、加齢関連病態の多くを促進する加齢の特性と考えられています。このような一見矛盾した役割を持つことから、細胞老化は、がん抑制療法の開発、健康維持の促進、ヒトの寿命延長を目指す研究において興味深い研究対象となっています。

老化シグナル伝達経路の概要図を見る

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink