ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

XP®モノクローナル抗体の優れた再現性

全てのXP®モノクローナル抗体はロット間で優れた一貫性を示します。Phospho-Stat3 (Tyr705) (D3A7) XP® Rabbit mAb #9145Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb #4370Jak2 (D2E12) XP® Rabbit mAb #3230を例にとってロット間の一貫性をお示しします。新規ロットはそれぞれ、発売前に以前のロットと比較検証されます。これにより、研究結果の一貫性を最大限に確保しています。

パラフィン包埋ヒト結腸がんの連続切片のIHC解析 図 2 希釈率1:400の#4370ロット7 (左上)、1:200の#4370ロット9 (右上)、1:400の#4370ロット9 (左下)、1:800の#4370ロット9 (右下) を使用した、パラフィン包埋ヒト結腸がん連続切片のIHC解析。ロット9の推奨希釈率は1:400のままです。
未処理またはIFN-aで処理されたHeLa細胞のウェスタンブロット解析。 図 3 #3230のロット1、3、5​を比較したK562細胞のウェスタンブロット解析。ロット間のシグナルの一貫性が確認できます。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink