ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

Hippoシグナル伝達

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
Hippoシグナル伝達

パスウェイの説明:

Hippoシグナル伝達は進化的に保存された経路で、細胞増殖やアポトーシス、幹細胞の自己複製を制御することで、器官のサイズを調節します。また、Hippo経路の制御不全はがん発生の要因となります。Hippo経路の核となるのはキナーゼカスケードです。このカスケードでは、Mst1/2 (Drosophila Hippoのオルソログ) キナーゼ群とSAV1が複合体を形成し、LATS1/2をリン酸化して活性化します。次いでLATS1/2キナーゼは、転写共役因子であり、Hippo経路下流の主要なエフェクターであるYAPとTAZの2つをリン酸化して、それらの活性を阻害します。YAP/TAZが脱リン酸化されると、核内に移行してTEAD1-4および他の転写因子と相互作用し、細胞増殖を促進する遺伝子やアポトーシスを阻害する遺伝子の発現を誘導します。Hippo経路は、コンタクトインヒビションに関与し、この経路の活性は次に述べる様々な段階で制御されています。Mst1/2とLATS1/2は、Merlin、KIBRA、RASSF、Ajubaといった経路上流の分子によって制御されています。14-3-3、α-catenin、AMOT、ZO-2は、その結合によって細胞質内、接着結合部位、密着結合部位にYAP/TAZを保持しています。Mst1/2とYAP/TAZのリン酸化および活性はホスファターゼによって調節されます。Lats1/2とYAP/TAZの安定性は、タンパク質のユビキチン化によって制御されています。LATS1/2の活性は細胞骨格系によっても制御されています。Hippo経路についての研究は、過去十年間にわたって広く行われていますが、Hippo経路を制御している細胞外シグナルおよび膜受容体の性質については、明確な研究成果が得られていません。

参考文献:

この図の作成にご貢献下さった、カリフォルニア大学 (カリフォルニア州、サンディエゴ) のKun-Liang Guan教授に感謝いたします。

作成日:2010年11月

改訂日:2016年9月

アセチル化酵素
アセチル化酵素
代謝酵素
代謝酵素
アダプター
アダプター
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
メチルトランスフェラーゼあるいはGタンパク質
アダプター
アポトーシス/オートファジー調節因子
ホスファターゼ
ホスファターゼ
細胞周期の調節因子
細胞周期の調節因子
タンパク質複合体
タンパク質複合体
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
脱アセチル化酵素あるいは細胞骨格タンパク質
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
ユビキチン/SUMOリガーゼあるいは脱ユビキチン化酵素
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
成長因子/サイトカイン/発生調節タンパク質
転写因子あるいは翻訳因子
転写因子あるいは翻訳因子
GTPase/GAP/GEF
GTPase/GAP/GEF
受容体
受容体
キナーゼ
キナーゼ
その他
その他
 
直接的プロセス
直接的プロセス
一時的なプロセス
一時的なプロセス
転座プロセス
転座プロセス
刺激型修飾
刺激型修飾
阻害型修飾
阻害型修飾
転写修飾
転写修飾
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink