ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
23308
CD68 (D4B9C) XP® Rabbit mAb (Alexa Fluor® 555 Conjugate)
標識抗体
モノクローナル抗体

CD68 (D4B9C) XP® Rabbit mAb (Alexa Fluor® 555 Conjugate) #23308

Reviews ()
Citations (0)
Filter:
  1. IF

Confocal immunofluorescent analysis of THP-1 cells (left, positive) and Jurkat cells (right, negative), using CD68 (D4B9C) XP® Rabbit mAb (Alexa Fluor® 555 Conjugate) (red). サンプルは、ProLong® Gold Antifade Reagent with DAPI #8961 (青) で封入しています。

To Purchase # 23308S
製品番号 サイズ 価格 在庫
23308S
100 µl  (50 tests)

Supporting Data

REACTIVITY H
SENSITIVITY Endogenous
MW (kDa)
Source/Isotype Rabbit IgG

Application Key:

  • W-Western
  • IP-Immunoprecipitation
  • IHC-Immunohistochemistry
  • ChIP-Chromatin Immunoprecipitation
  • IF-Immunofluorescence
  • F-Flow Cytometry
  • E-P-ELISA-Peptide

Species Cross-Reactivity Key:

  • H-Human
  • M-Mouse
  • R-Rat
  • Hm-Hamster
  • Mk-Monkey
  • Mi-Mink
  • C-Chicken
  • Dm-D. melanogaster
  • X-Xenopus
  • Z-Zebrafish
  • B-Bovine
  • Dg-Dog
  • Pg-Pig
  • Sc-S. cerevisiae
  • Ce-C. elegans
  • Hr-Horse
  • All-All Species Expected

Product Description

This Cell Signaling Technology antibody is conjugated to Alexa Fluor® 555 fluorescent dye and tested in-house for direct immunofluorescent analysis in human cells. This antibody is expected to exhibit the same species cross-reactivity as the unconjugated CD68 (D4B9C) XP® Rabbit mAb #76437.

製品概要

アプリケーション 希釈率
免疫蛍光染色 (免疫細胞染色) 1:100

保存

Supplied in PBS (pH 7.2), less than 0.1% sodium azide and 2 mg/ml BSA. 4℃で保存してください。Do not aliquot the antibody. Protect from light. Do not freeze.

プロトコール

印刷する

View >Collapse >

免疫蛍光染色 (免疫細胞染色)

A. 溶液および試薬

注意:溶液は、RODI (逆浸透膜濾過脱イオン) 水または同等の精製水で調製してください。

  1. 20X Phosphate Buffered Saline (PBS):(#9808) 1X PBS 1 Lを用意する場合は、20X PBS 50 mLを精製水 (dH2O) 950 mLに加え、混ぜ合わせてください。pHを8.0に調整してください。
  2. ホルムアルデヒド:16%、メタノール不含、Polysciences, Inc. (cat# 18814)、新しいものを使用し、開封した瓶は暗所で4℃で保存してください。使用する際は1X PBSで希釈してください。
  3. メタノール、100%
  4. ブロッキングバッファー​ (1X PBS/5% Normal Goat Serum (#5425)/0.3% Triton™ X-100):10 mLを用意する場合は、正常ヤギ血清0.5 mLと20X PBS 0.5 mLを精製水 (dH2O) 9.0 mLに加えて混ぜ合わせてください。スターラーで撹拌しながら、Triton™ X-100 30 µLを加えてください。
  5. 抗体希釈バッファー ​(1X PBS/1% BSA/0.3% Triton™ X-100):10 mLを用意する場合は、Triton™ X-100 30 μLを1X PBS 10 mLに加えてください。混ぜ合わせた後、BSA (9998​) 0.1 gを加えてよく混ぜ合わせてください。
  6. Prolong® Gold AntiFade Reagent (#9071)、Prolong® Gold AntiFade Reagent with DAPI (#8961)

B. 試料作製 - 培養細胞株 (IF-IC)

注意:マルチウェルプレート、チャンバースライドあるいはカバーガラス上で直接細胞を培養、薬剤処理、固定および染色してください。

  1. 培地を吸引除去し、4%ホルムアルデヒド (1X PBSで希釈) を細胞が2 - 3 mm浸る程度に加えてください。注意:ホルムアルデヒドは毒性があるので、ドラフトチャンバー内で使用してください。
  2. 細胞を室温で15分間固定してください。
  3. 固定液を吸引除去し、1X PBSで各5分間、3回すすいでください。
  4. 免疫染色操作に進んでください (セクションC)。

C. 免疫染色

注意:特に指定がなければこれ以降のインキュベーションは室温で行い、乾燥と蛍光色素の退色防止のため、遮光湿潤箱や蓋付きのディッシュ/プレートを使用してください。

  1. メタノール透過化の手順:細胞を氷冷した100%メタノールで覆い (3 - 5 mmまで完全に浸る程の十分量のメタノールを使用し、絶対に乾かさないでください)、メタノール中で-20°Cに、10分間インキュベートし、1X PBSで5分間すすいでください。
  2. ブロッキングバッファーでサンプルを60分間ブロッキングしてください。
  3. ブロッキングしている間に、データシートの記載に従って一次抗体を抗体希釈バッファーで希釈してください。
  4. ブロッキング液を吸引除去し、希釈した一次抗体を加えてください。
  5. 4℃で一晩インキュベートしてください。
  6. 1X PBSで各5分間、3回すすいでください。
  7. Prolong® Gold Antifade Reagent (#9071)、またはProlong® Gold AntiFade Reagent with DAPI (#8961) を添加し、カバーガラスで覆ってください。
  8. 最良の結果を得るために、直ちに適切な励起波長で染色像を観察してください。スライドを長期保存する際は、4°C、暗所で水平にして保存してください。

更新:2006年11月

改訂日:2010年12月

Protocol Id: 220

特異性 / 感度

CD68 (D4B9C) XP® Rabbit mAb (Alexa Fluor® 555 Conjugate) recognizes endogenous levels of total CD68 protein.

Species Reactivity:

ヒト

使用抗原 / 精製方法

Monoclonal antibody is produced by immunizing animals with recombinant human CD68 protein.

バックグラウンド

CD68 (macrosialin) is a heavily glycosylated transmembrane protein that is expressed by and commonly used as a marker for monocytes and macrophages (1, 2). It is found on the plasma membrane, as well as endosomal and lysosomal membranes (1-3). It is proposed to bind OxLDL and has been observed as a homodimer (3, 4).

  1. Rabinowitz, S.S. and Gordon, S. (1991) J Exp Med 174, 827-36.
  2. Holness, C.L. and Simmons, D.L. (1993) Blood 81, 1607-13.
  3. Ramprasad, M.P. et al. (1995) Proc Natl Acad Sci U S A 92, 9580-4.
  4. Ramprasad, M.P. et al. (1996) Proc Natl Acad Sci U S A 93, 14833-8.

Pathways & Proteins

Explore pathways + proteins related to this product.

研究用のみ。診断手順では使用しません。

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
XPはCell Signaling Technology, Inc.の商標です。
ProLong is a registered trademark of Life Technologies Corporation.
This product is provided under an intellectual property license from Life Technologies Corporation. The transfer of this product is conditioned on the buyer using the purchased product solely in research conducted by the buyer, excluding contract research or any fee for service research, and the buyer must not (1) use this product or its components for (a) diagnostic, therapeutic or prophylactic purposes; (b) testing, analysis or screening services, or information in return for compensation on a per-test basis; or (c) manufacturing or quality assurance or quality control, and/or (2) sell or transfer this product or its components for resale, whether or not resold for use in research. For information on purchasing a license to this product for purposes other than as described above, contact Life Technologies Corporation, 5791 Van Allen Way, Carlsbad, CA 92008 USA or outlicensing@lifetech.com.

Powered By OneLink