ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
90168
CD69 (H1.2F3) Hamster mAb (PE Conjugate)
標識抗体
モノクローナル抗体

CD69 (H1.2F3) Hamster mAb (PE Conjugate) #90168

Reviews ()
Citations (0)
Filter:
  1. F

Flow cytometric analysis of live mouse splenocytes, untreated (blue) or treated with Concanavalin A (3 µg/ml, overnight; green), using CD69 (H1.2F3) Hamster mAb (PE Conjugate) (solid lines) or concentration-matched Armenian Hamster Isotype Control (PE Conjugate) (dashed lines).

To Purchase # 90168S
製品番号 サイズ 価格 在庫
90168S
100 µg

Supporting Data

REACTIVITY M
SENSITIVITY Endogenous
MW (kDa)
Source/Isotype Hamster (Armenian) IgG

Application Key:

  • W-Western
  • IP-Immunoprecipitation
  • IHC-Immunohistochemistry
  • ChIP-Chromatin Immunoprecipitation
  • IF-Immunofluorescence
  • F-Flow Cytometry
  • E-P-ELISA-Peptide

Species Cross-Reactivity Key:

  • H-Human
  • M-Mouse
  • R-Rat
  • Hm-Hamster
  • Mk-Monkey
  • Mi-Mink
  • C-Chicken
  • Dm-D. melanogaster
  • X-Xenopus
  • Z-Zebrafish
  • B-Bovine
  • Dg-Dog
  • Pg-Pig
  • Sc-S. cerevisiae
  • Ce-C. elegans
  • Hr-Horse
  • All-All Species Expected

Product Description

This Cell Signaling Technology antibody is conjugated to PE and tested in-house for direct flow cytometric analysis in mouse cells.

製品概要

For optimal flow cytometry results, we recommend 0.5 μg of antibody per test.

アプリケーション 希釈率
フローサイトメトリー 1:40

保存

Supplied in 10 mM NaH2PO4, 150 mM NaCl, 0.09% NaN3, 0.1% gelatin, pH 7.2. This product is stable for 6 months when stored at 4ºC. Do not aliquot the antibody. Protect from light. Do not freeze.

プロトコール

印刷する

View >Collapse >

フローサイトメトリー (直接標識抗体を用いた生細胞染色プロトコール)

A. 溶液および試薬

注意​:溶液は、RODI (逆浸透膜濾過脱イオン) 水もしくは同等の精製水で調製してください。

  1. 1X Phosphate Buffered Saline (PBS):1X PBSを1 L調製する場合、10X PBS (#12528) 100 mLを精製水900 mLに加えて混合してください。
  2. 抗体希釈バッファー:調製済みのFlow Cytometry Antibody Dilution Buffer (#13616) を購入いただくか、ウシ血清アルブミン (BSA) (#9998) 0.5 gを100 mLの1X PBSに溶解して0.5%のBSA PBSバッファーを調製してください。4℃で保存してください。

注意:実験に蛍光細胞染色色素 (生死判別色素、DNA色素など) を使用する場合は、色素の製品ページの推奨プロトコールを参照してください。フローサイトメトリーでの使用が検証済みの細胞染色色素の一覧はwww.cellsignal.com/flowdyesをご覧ください。

B. 免疫染色

注意​:血球計算盤または代替の方法により細胞数を測定してください。

注意:全血を用いる場合は、免疫染色の前に赤血球を溶解し、遠心分離で洗浄してください。

注意:遠心分離の最適条件は細胞のタイプと試薬の容量によって異なります。一般的には、150-300 gで1-5分間で細胞を十分にペレット化することができます。

  1. 必要な細胞数をチューブかウェルに分注してください。(通常、アッセイごとに5x105-1x106細胞が必要です。)
  2. 遠心分離して細胞をペレット化し、上清を除去してください。
  3. 細胞を一次抗体反応液100 µLに再懸濁してください。(一次抗体反応液は抗体原液を抗体希釈バッファーで希釈して調製してください。希釈率は製品データシートの推奨希釈率に従うか、タイトレーションを行って決定してください。)
  4. 氷上で30分間 - 1時間インキュベートしてください。遮光してください。
  5. 抗体希釈バッファー内で遠心分離して洗浄してください。上清を捨ててください。洗浄操作をもう一度繰り返してください。
  6. 細胞を抗体希釈バッファー200 - 500 μLに再懸濁し、フローサイトメーターで解析してください。

更新:2017年6月

改訂日:2019年8月

Protocol Id: 1504

特異性 / 感度

CD69 (H1.2F3) Hamster mAb (PE Conjugate) recognizes endogenous levels of total CD69 protein. This antibody detects an epitope within the extracellular domain.

Species Reactivity:

マウス

使用抗原 / 精製方法

This monoclonal antibody was purified from tissue culture supernatant via affinity chromatography. The purified antibody was conjugated under optimal conditions, with unreacted dye removed from the preparation.

バックグラウンド

CD69, also known as Leu-23, is a type II transmembrane glycoprotein that is expressed on the surface of T cells, B cells, and NK cells (1,2). This phosphorylated disulfide-linked 28 to 32-kDa homodimer is constitutively expressed on a subset of thymocytes and platelets. It also acts as an activation antigen of lymphocytes, NK cells, neutrophils, and eosinophils (1-6). Studies have shown that stimulation of the T cell receptor (TCR) increases the expression of CD69 on the cell surface. The ability to detect the level of CD69 expression after TCR activation makes CD69 an ideal indicator of T cell activation (1). 

The H1.2F3 antibody is widely used as a marker for T cell activation (7).

  1. Testi, R. et al. (1989) J Immunol 142, 1854-60.
  2. Marzio, R. et al. (1997) J Leukoc Biol 62, 349-55.
  3. Lanier, L.L. et al. (1988) J Exp Med 167, 1572-85.
  4. Testi, R. et al. (1988) J Immunol 141, 2557-63.
  5. Hartnell, A. et al. (1993) Immunology 80, 281-6.
  6. Gavioli, R. et al. (1992) Cell Immunol 142, 186-96.
  7. Sobel, E.S. et al. (1993) J Immunol 150, 673-82.

Pathways & Proteins

Explore pathways + proteins related to this product.

研究用のみ。診断手順では使用しません。

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

Powered By OneLink