ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
72007
PhosphoPlus® Paxillin (Tyr118) Antibody Duet
Primary Antibodies
Antibody Duet

PhosphoPlus® Paxillin (Tyr118) Antibody Duet #72007

Reviews ()
Citations (0)
PhosphoPlus® Paxillin (Tyr118) Antibody Duet: Image 1

Western blot analysis of extracts from various cell lines using Paxillin (D9G12) Rabbit mAb. The 45 kDa band is a degradation product of full-length paxillin protein.

PhosphoPlus® Paxillin (Tyr118) Antibody Duet: Image 2

HeLa cells were detached with 0.04% trypsin and 0.03% EDTA, suspended in serum-free medium for one hour, and either processed in suspension (right) or plated on fibronectin-coated slides and allowed to adhere for an additional hour prior to fixation (left). Adherent cells were post-processed with λ-phosphatase to confirm phospho-specificity (center). Confocal immunofluorescent analysis was performed after staining with Phospho-Paxillin (Tyr118) (E9U9F) Rabbit mAb (green), DyLight™ 554 Phalloidin #13054 (red), and ProLong® Gold Antifade Reagent with DAPI #8961 (blue).

PhosphoPlus® Paxillin (Tyr118) Antibody Duet: Image 3

Immunoprecipitation of Phospho-Paxillin (Tyr118) protein from HeLa cells induced attachment to fibronectin-coated plate surface (10 μg/ml, 1 hr). Lane 1 is 10% input, lane 2 is Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control #3900, and lane 3 is Phospho-Paxillin (Tyr118) (E9U9F) Rabbit mAb. Western blot analysis was performed using Phospho-Paxillin (Tyr118) (E9U9F) Rabbit mAb. Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody #7074 was used as a secondary antibody.

PhosphoPlus® Paxillin (Tyr118) Antibody Duet: Image 4

Western blot analysis of extracts from HeLa cells in suspension, untreated (-) or induced attachment to fibronectin-coated plate surface (10 μg/ml, 1 hr; +), using Phospho-Paxillin (Tyr118) (E9U9F) Rabbit mAb (upper) and Paxillin (D9G12) Rabbit mAb #12065 (lower).

To Purchase # 72007S
製品番号 サイズ 価格 在庫
72007S
1 Kit

Product Includes Quantity Reactivity MW(kDa) Isotype
Paxillin (D9G12) Rabbit mAb 12065 100 µl H 54, 62, 68 Rabbit IgG
Phospho-Paxillin (Tyr118) (E9U9F) Rabbit mAb 69363 100 µl H Mk M R 68 Rabbit IgG

Product Description

PhosphoPlus® Duets from Cell Signaling Technology (CST) provide a means to assess protein activation status. Each Duet contains an activation-state and total protein antibody to your target of interest. These antibodies have been selected from CST's product offering based upon superior performance in specified applications.

Background

Paxillin is a multidomain protein that localizes primarily to focal adhesion sites in the extracellular matrix (1). Paxillin is one of the key components of integrin signaling, and tyrosine phosphorylation of paxillin is required for integrin-mediated cytoskeletal reorganization (2). Paxillin is phosphorylated by another focal adhesion component, focal adhesion kinase (FAK), at Tyr118 (3,4). Phospho-Paxillin (Tyr118) may provide a docking site for recruitment of other signaling molecules to focal adhesions. It has been shown that the SH2 domain of Crk binds to the phosphorylated Tyr118 of paxillin (5).

  1. Turner, C.E. (2000) J Cell Sci 113 Pt 23, 4139-40.
  2. Burridge, K. et al. (1992) J Cell Biol 119, 893-903.
  3. Bellis, S.L. et al. (1995) J Biol Chem 270, 17437-41.
  4. Bellis, S.L. et al. (1997) Biochem J 325 (Pt 2), 375-81.
  5. Schaller, M.D. and Parsons, J.T. (1995) Mol Cell Biol 15, 2635-45.

Pathways & Proteins

Explore pathways + proteins related to this product.

使用に関する制限

法的な権限を与えられたCSTの担当者が署名した書面によって別途明示的に合意された場合を除き、 CST、その関連会社または代理店が提供する製品には以下の条件が適用されます。お客様が定める条件でここに定められた条件に含まれるものを超えるもの、 または、ここに定められた条件と異なるものは、法的な権限を与えられたCSTの担当者が別途書面にて受諾した場合を除き、拒絶され、 いかなる効力も効果も有しません。

研究専用 (For Research Use Only) またはこれに類似する表示がされた製品は、 いかなる目的についても FDA または外国もしくは国内のその他の規制機関により承認、認可または許可を受けていません。 お客様は製品を診断もしくは治療目的で使用してはならず、また、製品に表示された内容に違反する方法で使用してはなりません。 CST が販売または使用許諾する製品は、エンドユーザーであるお客様に対し、使途を研究および開発のみに限定して提供されるものです。 診断、予防もしくは治療目的で製品を使用することまたは製品を再販売 (単独であるか他の製品等の一部であるかを問いません) もしくはその他の商業的利用の目的で購入することについては、CST から別途許諾を得る必要があります。 お客様は以下の事項を遵守しなければなりません。(a) CST の製品 (単独であるか他の資材と一緒であるかを問いません) を販売、使用許諾、貸与、寄付もしくはその他の態様で第三者に譲渡したり使用させたりしてはなりません。また、商用の製品を製造するために CST の製品を使用してはなりません。(b) 複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、 分解または他の方法により製品の構造または技術を解明しようとしてはなりません。また、 CST の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを開発する目的で CST の製品を使用してはなりません。(c) CST の製品の商標、商号、ロゴ、特許または著作権に関する通知または表示を除去したり改変したりしてはなりません。(d) CST の製品をCST 製品販売条件(CST’s Product Terms of Sale) および該当する書面のみに従って使用しなければなりません。(e) CST の製品に関連してお客様が使用する第三者の製品またはサービスに関する使用許諾条件、 サービス提供条件またはこれに類する合意事項を遵守しなければなりません。

For Research Use Only. Not For Use In Diagnostic Procedures.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
PhosphoPlus is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink