Buy 3 Get 4th Freeキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>
33036
PTMScan® Wild Type Alpha-Lytic Protease (WaLP)
Proteomic Analysis Products
Miscellaneous

PTMScan® Wild Type Alpha-Lytic Protease (WaLP) #33036

Reviews ()
Citations (0)
PTMScan® Wild Type Alpha-Lytic Protease (WaLP): Image 1

Product Usage Information

PTMScan® Wild Type Alpha-Lytic Protease (WaLP) is provided for use with Cell Signaling Technology's patented PTMScan® protocol in the initial protein digestion step. Samples in urea lysis buffer need to be diluted to 2M or less urea prior to addition of WaLP. Dilute the 0.4 mg/ml stock 1:100 for final digest and incubate overnight at 37°C. Aliquot and store at -20ºC. Consult the specific PTMScan® kit and protocol for more details on the appropriate protease before digesting any protein samples.

Storage

This product is stable for 12 months when stored at -20°C. Aliquot to avoid multiple freeze/thaw cycles.

Product Description

Wild type alpha-lytic protease (WaLP) is a serine endopeptidase that cleaves at the carboxyl terminal side of alanine, serine, threonine, and valine amino acid residues.

Background

Wild type alpha-lytic protease (WaLP) was first isolated from myxobacterium Lysobacter enzymogenes (1). It is a protease that cleaves after A, S, T, and V residues making it a useful alternative protease for proteomics use. The pro-form of the enzyme is expressed as a 397 amino acid protein which is cleaved to a 198 amino acid mature protein. Numerous studies have been published about the mature form, active site, and catalytic mechanism (2, 3, 4). Based on crystal structure studies there seems to be a strong relation to other pancreatic serine proteases (5). The alternative cleavage specificity of WaLP is especially useful for looking at Proteomics of SUMO modifications as it cleaves the SUMO protein leaving a di-glycine motif that can then be detected using the proprietary SUMO Branch Motif remnant (K-ε-GG) antibody (6).

  1. Whitaker, DR. The alpha-Lytic Protease. Methods in Enzymology, 19, 599-613
  2. Sohl, JL, et al., , IntramolecularChaperones and Protein Folding, Landes Company, Austin TX (1995) ISBN 978-1570592928 pp. 61-83
  3. Bauer, C.A. et al. (1981) Eur J Biochem 120, 289-94.
  4. Bachovchin, W.W. et al. (1981) Proc Natl Acad Sci U S A 78, 7323-6.
  5. Olson, M.O. et al. (1970) Nature 228, 438-42.
  6. Meyer, J.G. et al. (2014) Mol Cell Proteomics 13, 823-35.

Pathways & Proteins

Explore pathways + proteins related to this product.

使用に関する制限

法的な権限を与えられたCSTの担当者が署名した書面によって別途明示的に合意された場合を除き、 CST、その関連会社または代理店が提供する製品には以下の条件が適用されます。お客様が定める条件でここに定められた条件に含まれるものを超えるもの、 または、ここに定められた条件と異なるものは、法的な権限を与えられたCSTの担当者が別途書面にて受諾した場合を除き、拒絶され、 いかなる効力も効果も有しません。

研究専用 (For Research Use Only) またはこれに類似する表示がされた製品は、 いかなる目的についても FDA または外国もしくは国内のその他の規制機関により承認、認可または許可を受けていません。 お客様は製品を診断もしくは治療目的で使用してはならず、また、製品に表示された内容に違反する方法で使用してはなりません。 CST が販売または使用許諾する製品は、エンドユーザーであるお客様に対し、使途を研究および開発のみに限定して提供されるものです。 診断、予防もしくは治療目的で製品を使用することまたは製品を再販売 (単独であるか他の製品等の一部であるかを問いません) もしくはその他の商業的利用の目的で購入することについては、CST から別途許諾を得る必要があります。 お客様は以下の事項を遵守しなければなりません。(a) CST の製品 (単独であるか他の資材と一緒であるかを問いません) を販売、使用許諾、貸与、寄付もしくはその他の態様で第三者に譲渡したり使用させたりしてはなりません。また、商用の製品を製造するために CST の製品を使用してはなりません。(b) 複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、 分解または他の方法により製品の構造または技術を解明しようとしてはなりません。また、 CST の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを開発する目的で CST の製品を使用してはなりません。(c) CST の製品の商標、商号、ロゴ、特許または著作権に関する通知または表示を除去したり改変したりしてはなりません。(d) CST の製品をCST 製品販売条件(CST’s Product Terms of Sale) および該当する書面のみに従って使用しなければなりません。(e) CST の製品に関連してお客様が使用する第三者の製品またはサービスに関する使用許諾条件、 サービス提供条件またはこれに類する合意事項を遵守しなければなりません。

For Research Use Only. Not For Use In Diagnostic Procedures.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
PTMScan is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
To Purchase # 33036S
製品番号 サイズ 価格 在庫
33036P
400 µg
33036S
1.6 mg  (4 x 400 µg)

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink