ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

代謝の変化

代謝には主に3つの目的があります。すなわち、食物をエネルギーに変換すること、栄養素をタンパク質、炭水化物、脂質、核酸に変換すること、窒素系廃棄物を除去することです。代謝の変化や機能不全と、神経変性疾患の間には強い相関があります。特に、耐糖能の異常やインスリン抵抗性は、多くの神​​経変性状態で見られます。代謝の変化が原因なのか結果なのかは明らかではありませんが、このような変化はすべての神経変性疾患と相関しており、疾患の進行における代謝の変化が果たす役割を解明することは重要です。

以下の標的から始めませんか?

リン酸化Akt (Ser473)

AKTはグルコース代謝、細胞の生存、増殖、遊走などの細胞プロセスにて重要な役割を担っています。AKTはインスリンに応答してSer473がリン酸化されることで活性化され、グルコースの輸送を制御します。AKTはアルツハイマー病に関連していますが、実際の役割はよく理解されていません。Tauの高リン酸化を促進することから、その重要性が認識されています。また、AKTはパーキンソン病にも関与すると考えられています。

製品
Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060 – W, IP, IHC-P, IF-IC, F
Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP<sup>®</sup> Rabbit mAb #4060

Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060: LY294002処理 (左) あるいはインスリン処理 (右) したC2C12細胞を、Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb (緑) を用いて免疫蛍光染色し、共焦点顕微鏡で観察しました。アクチンフィラメントをAlexa Fluor® 555phalloidin #8953 (赤) で染色しています。DRAQ5® #4084を用いてDNAを染色し、青の疑似カラーで示しました。

Phospho-mTOR (Ser2448)

mTOR (mammalian target of rapamycin) はATPやアミノ酸のセンサーとして機能し、栄養の供給量と細胞増殖のバランスをとる役割を果たします。インスリンシグナル伝達経路およびPI3Kシグナル伝達経路の一部であり、mTOR複合体の核となる構成成分です。mTORはハンチントン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患に関与しています。

Phospho-mTOR (Ser2448) (D9C2) XP<sup>®</sup> Rabbit mAb #5536

Phospho-mTOR (Ser2448) (D9C2) XP® Rabbit mAb #5536: Rapamycin (#9904) 10 nMで2時間 (左)、インスリン150 nMで6分間 (中央) 、インスリンおよびλ-ホスファターゼ (右) で処理したHeLa細胞を、Phospho-mTOR (Ser2448) (D9C2) XP® Rabbit mAb (緑) を用いて免疫蛍光染色し、共焦点顕微鏡で観察しました。アクチンフィラメントをDY-554 phalloidinで染色しています。DRAQ5® #4084を用いてDNAを染色し、青の疑似カラーで示しました。

Phospho-AMPKα (Thr172)

AMPKαは代謝の中心的な制御因子で、ATPレベルの低下に応答してリン酸化されます。活性化されたAMPKαは下流のイベントを開始し、グルコース代謝や脂質代謝に影響を及ぼします。AMPKαの調節不全はアルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症に関与します。

Phospho-AMPKα (Thr172) (D4D6D) Rabbit mAb #50081

Phospho-AMPKα (Thr172) (D4D6D) Rabbit mAb #50081: パラフィン包埋ヒト肺がんを、コントロールペプチド (左) あるいは抗原特異的ペプチド (右) の存在下で、Phospho-AMPKα (Thr172) (D4D6D) Rabbit mAbを用いて免疫組織化学染色で解析しました。

リン酸化S6 Ribosomal Protein (Ser235/236)

S6 Ribosomal Proteinは、一般的に神経活性のマーカーやmTORC1活性の指標に利用されています。そのリン酸化は、ハンチントン病やアルツハイマー病で変化します。

Phospho-S6 Ribosomal Protein (Ser235/236) (E2R1O) Mouse mAb #62016

Phospho-S6 Ribosomal Protein (Ser235/236) (E2R1O) Mouse mAb #62016: 未処理 (-) あるいはインスリン100 nMで15分間処理 (+) したSK-MEL-28細胞およびC2C12細胞の抽出物を、Phospho-S6 Ribosomal Protein (Ser235/236) (E2R1O) Mouse mAb (上) あるいはS6 Ribosomal Protein (54D2) Mouse mAb #2317 (下) を用いてウェスタンブロッティングで解析しました。

ApoE4

アポリポタンパク質は、脂質やコレステロールのトランスポーターです。ApoE4は肝臓や脳で産生され、神経の可塑性とシナプス形成に関与しています。APOE4アリルを持つ人はアルツハイマー病の発症リスクが高くなりますが、アルツハイマー病の病因としてのApoE4の正確な機能は明らかにされていません。APOE4アリルは、パーキンソン病の早期発症にも関与しています。

ApoE4 (4E4) Mouse mAb #8941

ApoE4 (4E4) Mouse mAb #8941: 全長ヒトApoE2 (hApoE2; +)、ApoE3 (hApoE3; +)、ApoE4 (hApoE4; +) をトランスフェクションしたHeLa細胞の抽出物を、ApoE4 (4E4) Mouse mAb (上) あるいはpan ApoE抗体 (下) を用いてウェスタンブロッティングで解析しました。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink