ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

免疫システムには、正常で健康な組織を免疫応答から保護するための一連のチェックポイント機構があります。これらは、活性化T細胞表面の受容体と、それに対応する抗原提示細胞表面のリガンドから構成されています。主要な免疫チェックポイントは、PD-1 (programmed cell death protein 1) と、そのリガンドであるPD-L1の結合によって誘発されます。この相互作用の結果、T細胞の活性化が抑制され、活発な免疫応答が妨げられます(1)

腫瘍細胞は、しばしばこの機構を利用しています。PD-L1は、いくつかのがん種で増加しており、PD-1と相互作用し、T細胞の活性化を阻害することでこれらのがんの悪性化に寄与しています。このようにして、腫瘍は免疫システムによる検出や除去から逃れています(1-3)。よって、PD-1とPD-L1は、腫瘍免疫学におけるその役割と、免疫を利用した治療のターゲットとして大きく注目を集めています(4,5)

IHC-P解析におけるCSTのPD-L1製品の比較

製品名 PD-L1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13684 PD-L1 (405.9A11) Mouse mAb #29122 PD-L1 (Extracellular Domain Specific) (E1J2J) Rabbit mAb #15165
クローン E1L3N® 405.9A11 E1J2J
エピトープ 細胞内 細胞内 細胞外
抗体免疫動物 ラビット マウス ラビット
パラフィン包埋ヒト胎盤のIHC解析 IHC Placenta for PD-L1 (E1L3N) IHC Placenta for PD-L1 (405.9A11) IHC Placenta for PD-L1 (Extracellular Domain Specific)
IHCに推奨される使用法 感度が高く、優良なクローン ラビット抗体との多重染色に使用 PD-L1の細胞外ドメインの研究に使用

PD-L1を認識し、その他のB7ファミリーメンバーとは交差しません

PD-L1のウェスタンブロッティング

下記の細胞抽出物をウェスタンブロットで解析しました。

  1. PD-L2をトランスフェクションしたCOS細胞
  2. MockトランスフェクションしたCOS細胞
  3. KARPAS-299細胞
  4. SUP-M2細胞

免疫組織化学染色、フローサイトメトリー、ウェスタンブロッティング、免疫沈降において、一貫性と信頼性のある結果を示します。

PD-L1フローサイトメトリー

未処理のSUP-M2細胞を、PDL1 (E1L3N®) XP® Rabbit mAb #13864 (青) または、同一濃度のRabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control #3900 (赤) で染色し、フローサイトメトリーで比較解析しました。二次抗体には、Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Alexa Fluor® 647 Conjugate) #4414を用いました。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink