ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

TMT10plex™総プロテオームプロファイリング

TMT10plex™総プロテオームプロファイリングサービスは、Tandem Mass Tags™ (TMT™) によるマルチプレックスなサンプル標識と液体クロマトグラフィータンデム質量分析 (LC-MS/MS) を用いて、細胞や組織におけるタンパク質の存在量の正確でグローバルなプロファイリングを提供するサービスです。これらの技術を組み合わせることによって、プロテオミクス主導の発見、バイオマーカーの解析、および作用メカニズムの研究をより大きなカバー深度で実施することができ、何千ものタンパク質に関する質の高い定量的なデータが適切な所要時間で得られます。

機器

TMT10plex™総プロテオームサービスは、他の機器に比べ最も多くのタンパク質同定と最も正確な定量が可能なThermo Scientific™ Orbitrap Fusion™ Lumos™ Tribrid™質量分析計を使用します。CSTは、米国でTMT10plex™プロテオミクスサービスを商業的に提供するライセンスを受けた最初の会社の1つです。

サンプル調製

サンプル調製は簡単です。凍結させた細胞あるいは組織のサンプルをお送りいただく (サンプルあたり総タンパク質100 μg) だけで、あとはCSTのチームにお任せください。総プロテオミクスサービスは10サンプルのアッセイから利用することができ、10以上のサンプルを使うプロジェクトでは、チャンネルの1つはコントロールペプチド混合物に利用できます。

TMT™のマルチプレックス化

TMT™標識は、消化されたサンプルに存在するすべてのペプチドをアミン反応性化学反応によって標識する等圧質量タグです。それぞれの研究で、通常、何千ものタンパク質を検出し定量することができます。サンプル (各100 μgインプットタンパク質) を独自に標識し、1つのサンプルにまとめ、分画し、LC-MS/MSを実施することによって、実験を柔軟にデザインすることができます。10以上のサンプルを扱う研究はそれぞれのTMT10plex™アッセイにてコントロール参照混合物を使って解析できるので、どんな規模のプロジェクトも実施することができます。

以下のような実験デザインが可能です。

  • 腫瘍のプロファイリング
  • 化合物ライブラリーのスクリーニング
  • 投与量依存性の解析
  • 計時変化の解析
  • 細胞株、初代細胞型、または組織型の比較
  • リガンド、アゴニスト、アンタゴニストの解析

含まれるもの

CSTのプロテオミクス科学者はお客様のパートナーとして、研究前の計画からデータ解析とフォローアップまでのプロジェクト全体を通して、計画された予定に沿ってコンサルティングを提供します。お客様は以下のような包括的なデータパッケージを受け取ります。

  • タンパク質の同定とTMT™定量を含む結果表とスライドデッキ
  • 研究後のご相談
  • オプションとして、Qiagen社のIngenuity®​Pathway Analysis (IPA) ソフトウェア (追加のサービスとして利用可能) を用いて、TMT10plex™総プロテオミクスの結果を古典的なパスウェイと新しい相互作用ネットワークにマッピングすることができます。

TMT10plex™プロテオミクスサービスについての詳細は、こちらにお問い合わせください。

注意:TMT10plex™ Total Proteomeサービスは、米国、英国および欧州内のお客様のみご利用いただけます

Cell Signaling TechnologyとCSTは、Cell Signaling Technology, Inc.の商標です。

Thermo、Thermo Fisher、Thermo Fisher Scientific、Fusion、Lumos、およびTribridは、Thermo Fisher Scientificおよびその子会社の許諾商標です。

Tandem Mass Tag、TMT、およびTMT10Plexは、Electrophoretics Limitedの許諾商標です。

IngenuityはQiagenの許諾商標です。

These proteomic services and resulting deliverables are sold under an agreement for Tandem Mass Tag™ (TMT™) technology between Pierce Biotechnology, Inc and Cell Signaling Technology, Inc. and are provided for internal research puposes only. No rights for clinical activities or studies or for any Commercial Purpose are conveyed hereunder. In no event will the producer or distributor of TMT™ technology be liable for incidental, special, multiple or consequential damages in connection with or arising from the use of these services or deliverables.

“Commercial Purposes” means any (i) use for the analysis of nucleic acids for genomic purposes; (ii) use, directly or indirectly, in manufacturing, production, or quality control; (iii) use to provide a service, information, or data for consideration; (iv) use for therapeutic, diagnostic or prophylactic purposes; or (v) sale, resale, leasing, or licensing, whether or not for research purposes. For purposes of clarification, Commercial Purpose does not include use to provide information or data to an end-user’s subcontractors or its contract research organizations that are conducting research on behalf of said end-user.

For information on acquiring rights for any use not permitted herein, please contact Pierce Biotechnology outlicensing at [email protected].

  1. Ting L, Rad R, Gygi SP, Haas W (2011) MS3 eliminates ratio distortion in isobaric multiplexed quantitative proteomics. Nat. Methods 8(11), 937–40.
  2. McAlister GC, Nusinow DP, Jedrychowski MP, Wühr M, Huttlin EL, Erickson BK, Rad R, Haas W, Gygi SP (2014) MultiNotch MS3 enables accurate, sensitive, and multiplexed detection of differential expression across cancer cell line proteomes. Anal. Chem. 86(14), 7150–8.
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink