Antibody Samplerキット & Antibody Duet 20% OFFキャンペーン実施中 | 詳細はこちら >>

役員紹介

Cell Signaling Technology (CST) はグローバルな戦略的使命を発展させるため、世界各地の幹部から成るチームを作り上げてきました:

社長兼最高経営責任者 (CEO) Michael J. Comb

Michael J. Comb

社長兼最高経営責任者 (CEO)

「私の使命は、疾患のメカニズムに対する理解を深めるための革新的な技術を開発することです。また、最高経営責任者としての職務を務めながらも、機能と精神面で研究責任者としての役割も果たします。」

Michaelは、疾患の分子プロセスと細胞プロセスの解明を目指す世界中の研究者のために、最高の抗体技術を築くというCSTの取り組みを総括しています。Michaelは自身が研究者として求めていたツールを研究コミュニティーに提供したいという思いからCSTを設立しました。

1999年にCSTを創立する以前、Michaelはマサチューセッツ総合病院で分子神経生物学研究室を運営し、またハーバード大学医学大学院の神経科学部の准教授を務めました。

Michaelは、マサチューセッツ大学で化学学士号を得た後、オレゴン大学科学学部で博士課程を修了しました。これまで60報以上の査読付き論文を発表しており、多数の特許をもつ発明家でもあります。

最高科学責任者 (CSO) Roberto Polakiewicz

Roberto Polakiewicz

最高科学責任者 (CSO)

「私の役割は、CSTがハイレベルな科学と技術革新にフォーカスする組織であり続けるように注力することです。」

Robyは研究や製品開発、技術革新を推進し、CSTの最も価値のある製品や技術、知的財産の構築を促進しています。RobyはCSTの成功に不可欠な、最新の抗体技術プラットホームの開発と実用化を推進してきました。現職以前にはCSTの研究部長や研究部門統括部長を務めました。

1999年にCSTに入社する以前は、バイオテクノロジー企業であるNew England Biolabsのスタッフサイエンティストでした。

Robyは、エルサレムのヘブライ大学化学学部で学士課程を、また同大学分子生物学部で博士課程を修了しました。またマサチューセッツ工科大学のホワイトヘッド研究所でポスドク研究に携わり、成果をあげてきました。これまで約65報の査読付き論文を発表しており、多数の特許や特許申請に名を連ねる発明家でもあります。

最高情報責任者 (CIO) Paul K. Aldridge

Paul K. Aldridge

最高情報責任者 (CIO)

「私はCSTのグローバルなデジタル機能を成長させて変革し、がん患者の生活を一新するような新しい発想を生むことができる、抗体を使った科学的変革を可能にしたいと願っています。」

Paulは、CSTにおける技術資源の戦略的利用を推進しています。地域的、世界的両面のインフォマティクスを前進させ、ITアプリケーション、社内基盤構造 (インフラ) の構築、経営、安全性対策、エンタープライズ・アーキテクチャのサポートを担っています。Paulの統括するIT部門には、約50人の従業員がいます。

2016年にCSTに入社する以前、Paulは20年以上に亘り上級研究職およびIT職を歴任しており、代表的なものに、Genomic Healthの最高情報責任者、Biogen IdecのグローバルIT部門統括部長、PfizerのDSi部門長などがあります。

カリフォルニア州立大学サクラメント校化学学部で学士号を取得し、ワシントン大学分析化学部で博士課程を修了しました。アメリカ沿岸警備隊の退役軍人でもあります。これまで40報以上の査読付き論文を発表しており、また3件の特許に名を連ねる発明家でもあります。

最高財務責任者 (CFO) Matthew Curran

Matthew Curran

最高財務責任者 (CFO)

「世界的科学コミュニティーに最高品質の製品とサービスを提供するという目的を達成するには、強力な財務的基盤が必要不可欠です。私の役割は、責任を持った投資をし、弊社の企業価値を犠牲にすることなく財務的な力と独立性を維持することです。」

グローバル財務組織のリーダーとして、MattはCSTの会計、予算編成、業績予測、所得税、資金、リスク管理を担当しています。現職以前はCSTの会計監査役や財務部門統括部長を務めました。

2006年にCSTに入社する以前、MattはGroove Networks, Inc. (2005年にMicrosoft Corporationが買収したソフトウェア企業) の会計監査役を務めていました。Microsoft Corporationによる買収の早期エクイティファイナンスの段階から最終的な売却に至るまで、主要な役割を果たしました。キャリアの初期には、国際会計事務所であるBDO USA LLPで上級マネージャーを務めました。

Mattはニューハンプシャー州マンチェスターのセント・アンセルムズ大学企業経営学部で学士課程を修了した、マサチューセッツの公認会計士 (CPA) で、米国公認会計士協会とマサチューセッツCPA協会の会員です。

国際人事部門上級統括部長 John Letcher

John Letcher

国際人事部門上級統括部長

「我々は従業員が働きやすく、また働き甲斐のある社風を築き続けていきたいと願っています。」

Johnは、CSTのグローバルな人事関連業務全般を監督し、適切な採用、自己開発、技術の維持、そして企業使命を果たし続けていくために必要なリソースの獲得を担っています。

2015年にCSTに入社する以前、Johnはバイオテクノロジー企業PerkinElmer, Inc.の人事部上級統括部長、エンジニアリング企業ABB Americas, Inc.の人事部長、General Ship Corporationの財務統括部長、Arthur Andersenの上級会計監査役を務めてきました。

ボストンカレッジで、会計および情報技術学部の学士号を修めました。

企業戦略部門上級統括部長 Benjamin Donald Comb

Benjamin Donald Comb

企業戦略部門上級統括部長

「私は共生関係を構築することの重要性を信じており、新技術、化学技術、政策、コンテンツを提供してくださる方からのお問い合わせを歓迎します。」

Benは、企業開発チームを監督しています。このチームはCSTの新事業の獲得戦略の立案と実行を担当しています。

Benのキャリアは、肺がんと胃がんの原因となるメカニズムの研究から始まりました。数年間実験台に向かった後、Benは細胞の成長促進から、ビジネスの成長促進へと思考を移しました。CSTの企業開発チームにアナリストとして入社した後、管理職へと昇進してきました。Benはカリフォルニア大学サンタバーバラ校で生物医科学の学士を取得した後、オーストラリアのクイーンズランド大学で生物工学の修士課程を修了しました。

法務顧問兼事務部長 Simona Levi

Simona Levi

法務顧問兼事業部長

「CSTでの私の役割は、科学と真実の探求に積極的に参加し貢献することです。」

Simonaは知的財産権、技術のライセンス化、商業的交渉と契約の締結、企業統治、会社法や証券取引法など、CSTの組織全体にわたる法務全般の総括を行っています。また取締役会の事務部長でもあります。

2007年にCSTに入社する以前、Simonaは生命科学業界で、会社法と知的財産権を取り扱う法務顧問として10年以上の実績を積んできました。前職にはMcDermott Will & Emery法律事務所の共同経営弁護士、Neurology for Biogenの取締役、IVAX corporationの上級IP弁護士、Hale and Dorr LLP法律事務所の共同経営弁護士、そしてDann, Dorfman, Herrell and Skimman法律事務所の技術専門家があります。

Simonaはラトガース大学で生化学と経済学の学士号と、生化学の博士号を修め、またペンシルベニア大学の法科大学院でJ.D. (法務博士専門職) を修めました。1995年よりマサチューセッツ弁護士協会の会員となっています。

日本法人代表取締役社長

清田和行

日本法人代表取締役社長

「CSTが高品質の製品と顧客サービスを提供する一流サプライヤーとして、科学研究を行う研究者のパートナーであり続けるために尽力します。」

清田は、CSTの日本市場におけるセールス、マーケティング、物流、人事、一般事務、財務、情報技術を総括しています。CSTの従業員が効率よく仕事を進め、個々の能力やリーダーシップを向上させる職場環境を作ることにも注力しています。

2015​年にCSTに入社する以前、清田は10年に亘って、Applied Biosystems Japan Ltd.の代表取締役社長、Life Technologies Japan Ltd.の代表取締役社長、BD Biosciencesの事業部長といったバイオテクノロジー企業の上級職を歴任してきました。

グローバル事業製造統括部長 Craig M. Thompson

Craig M. Thompson

グローバル事業製造統括部長

「私のCSTにおけるもっとも大きな使命は、最も信頼性が高く、最も性能の良い製品を、最高のカスタマーサポートと共にCSTの顧客にお届けすることです。」

Craigは、CSTの全製品の製造と流通に携わっています。カスタマーサービス、サプライチェーン・マネジメント、研究所の運営、施設管理を総括しています。また、Craigは環境保護や労働衛生、安全手順、品質システムの監督も行っています。

2005​年にCSTに入社する以前は、ベンチャー出資の生命科学組織に9年間勤め、技術開発と創薬を行う科学者のチームを率いていました。ArQuleでは化学ゲノミクスグループの上級研究員およびグループリーダー、Akceliでは細胞生物学のグループリーダー、Scriptgen/ Anadys Pharmaceuticalsでは微生物学のグループリーダーを務めました。

ウィスコンシン大学マディソン校で分子生物学の学士号を、そしてMITで分子生物学の博士号を取得しています。また、エール大学で免疫生物学のポスドク研究を行いました。多くの査読付き科学論文を執筆し、特許も取得しています。

Koos Kranenborg、欧州ゼネラルマネージャー

Koos Kranenborg

欧州ゼネラルマネージャー

「私はCSTで継続的に知識を共有できるグローバルなチームを組織し、信頼のおける研究パートナーと共に科学研究を加速させていきたいと考えています。」

Koosは、CSTの欧州の事業と組織の運営を行っています。欧州事業には次の3つの形態があります:直接販売 (英国、ドイツ、オーストリア)、流通チャネル、BIOKÉ。Koosは、マーケティング、営業、テクニカルサポートおよびアプリケーション、財務、カスタマーサービス、物流、人事分野の熟練したチームを総括しています。

2004年にBIOKÉを共同創始する以前、Kooは複数のバイオテクノロジー企業で営業管理職を7年以上に亘って歴任し、営業とマーケティングの責任者を務めていました。BIOKÉは「知識の共有」という単純かつ明快な目的のために創立されました。BIOKÉは欧州全体で、タンパク質およびゲノムのワークフローにおける革新的で業界最高水準の試薬や消耗品、機器を提供しています。BIOKÉは、2005年にBeNeLuxでCST製品の販売を開始しました。CSTは2009年にBIOKÉを買収し、欧州での業務の拡大を担うCSTの欧州拠点となりました。

Koosはフローニンゲン大学でバイオテクノロジーの修士号を取得し、関連するMBAプログラムを修めました。

Darcy Birse (最高商務責任者)

Darcy Birse

最高商務責任者

「私のインスピレーションは技術+革新というシンプルな式に基づいています。技術と革新を結び付け、医療の成果を進展させて顧客と患者に最良のサービスを提供するための商業戦略を立てています。

DarcyはCSTの技術上の強みと経験を活かし、会社のために全体的な商業戦略を立案し実行しています。代理店へのサポートの強化、顧客体験の改善、組織的な能力や効率性の拡大、職務間の協力や革新の推進、そして主要顧客との影響力の高い戦略的パートナーシップの構築などに専念しています。

CSTに入社するまで、Darcyは商業的リーダーシップ、マーケティング、セールスおよびビジネス開発の役割において20年もの経験を持ちます。Lonzaで上級副社長を、またGE Healthcareで上級取締役を勤めました。Darcyはバイオ医薬品業界で、バイオテクノロジー薬剤や生物学的製剤の研究開発に携わる科学者を指揮してきました。またストックホルム大学で生化学と生物物理学の助教授も務めました。BioProcessing Journalの諮問機関の委員も長年務めています。

Darcyはカナダのダルハウジー大学で化学の学士号を取得し、生化学のEMBOポスドク研究員を務め、フランスストラスブールで構造生物学の高度研究課程証書 (DEA) を、フランスグルノーブルのジョゼフ・フーリエ大学/EMBLで物理学の博士号を取得しています。

Powered By OneLink