注目情報はこちら >>

カスタム抗体標識

カスタム抗体標識

必要な標識抗体が、Cell Signaling Technology® (CST®) のカタログに見つかりませんか?DIY (Do-it-yourself) キットを使用した場合にありがちな、低収量などの落とし穴を回避し、時間の節約をすることができます。CSTのカスタム標識サービスをご利用ください。

CSTのカスタム標識のメリット:

  • 柔軟性:基本的な抗体標識に加え、アプリケーション試験や安定性試験などのオプションを選択できます
  • 検証済み:標識抗体は、生物学的に関連する細胞系とコントロールを用いた主要なアプリケーションで試験を実施するとともに、サイズ排除クロマトグラフィーを利用した物理的な完全性の確認も実施します
  • 最適化済み:柔軟な標識化学、未反応色素の除去や抗体の精製、最適な標識度 (DOL: Degree of labeling) の特定によって、最高のS/N比を実現します
  • サポート:標識抗体の製造に携わる専門家が、お客様のご相談やテクニカルサポートの対応を行います

カスタム抗体標識をリクエストする

標識サービス一覧:

標識の種類:例 サービスの階層 サービス内容
I型蛍光色素:Alexa Fluor®、Cyanine (CyDye®)、Pacific Blue dye Basic 標識 + 未反応の蛍光色素の除去
Tier I 標識度 (DOL) 試験 + Basicサービス
Tier II アプリケーション試験​1 + Tier Iサービス
Tier III 安定性試験 + Tier IIサービス
II型蛍光色素:Phycoerythrin (PE)、PE-CyDye® タンデム (PE-Cy®7など)、Allophycocyanin (APC) Basic 標識 + 精製
Tier I アプリケーション試験​1 + Basicサービス
Tier II 安定性試験 + Tier Iサービス
ハプテン:ビオチン、ジゴキシゲニン (DIG)、DNP、ダンシル Basic 標識 + 未反応のビオチンの除去
Tier I アプリケーション試験​2 + Basicサービス
ビーズ:Sepharose®​ビーズ、磁気ビーズ Basic 標識 + 未反応の抗体の除去
Tier I アプリケーション試験​3 + Basicサービス
酵素:Horseradish peroxidase (HRP) Basic 標識 + 精製
Tier I アプリケーション試験​2 + Basicサービス
オリゴヌクレオチド4 Basic 標識 + 精製
Tier I 生物物理学的特性の評価 + Basicサービス
  • 1 標準的な検証アプリケーションはフローサイトメトリーです。その他のアプリケーションを希望される場合は、納期の延長や追加料金がかかる可能性があります。
  • 2 標準的な検証アプリケーションはウェスタンブロッティングです。その他のアプリケーションを希望される場合は、納期の延長や追加料金がかかる可能性があります。
  • 3 標準的な検証アプリケーションは、免疫沈降です。その他のアプリケーションを希望される場合は、納期の延長や追加料金がかかる可能性があります。
  • 4 オリゴヌクレオチド標識サービスのご提供は、特定の知的財産保護技術に限定される可能性があります。

オリゴヌクレオチド標識サービス

  • 生物物理学的特性の評価では、通常クロマトグラフィーを利用して、完全性、サイズ、凝集がみられないこと、未反応の抗体やオリゴヌクレオチドの確認を行います
  • Basicサービスの分析証明書 (COA) には、オリゴヌクレオチドの配列、抗体濃度、DOLの情報が記載され、Tier IのCOAには、これらに加えて生物物理学的特性の評価結果も記載されます
  • DOLの提供により、個々の分画や複数の分画のプールを解析して最適な製品を選択することができます

CSTカスタム標識 vs DIY (Do-It-Yourself ) 標識キットを用いた標識

DIY標識キットは論文上では見栄えが良いかも知れませんが、貴重な資金を費やすだけの価値があるでしょうか?不適切な標識が、特異性の低下や不安定化/分解の原因になり、抗体の性能が低下する可能性があります。また、標識操作の段階で抗体が失われ、機能的な抗体の量が標識操作前より大幅に減少する可能性もあります。

Cell Signaling Technology (CST) のカスタム標識サービスをご利用いただくことで、時間の浪費の落とし穴を避け、お金をかけて入手した抗体の全量を、余すことなく利用することができます。

フローサイトメトリーにおけるPE標識抗体の比較

PE標識抗体の18-WFO-15801のフローフィーバーチャート比較

Helios (D8W4X) XP® Rabbit mAbを、CSTカスタム標識法 (青) または、他社DIY標識キット (緑) でPE標識しました。 これらの抗体を用いて低発現細胞株RL-7 (破線)、高発現細胞株Jurkat (実線) を染色し、フローサイトメトリーで解析しました。算出されたS/N比を上の表に示しました。

ELISAにおけるHRP標識抗体の比較

18-WFO-15801 DIY ELISA比較データv.3

Phospho-Akt (Ser473) (193H12) Rabbit mAbを、CSTカスタム標識法 (青) または、他社DIY標識キット (緑) でHRP標識し、ELISAアッセイで比較しました。ヒトIGF Iで処理したMCF7細胞 (実線) または未処理コントロール細胞 (破線) から調製したライセートを用い、タンパク質濃度 (x軸) と450 nmの吸光度 (y軸) の関係性を示しました。図中の表に、ライセート濃度0.625 mg/mLのサンプルから算出したS/N比を示しました。

ウェスタンブロットおけるHRP標識抗体の比較

ウェスタンブロット-v.2でのHRP標識抗体の18-WFO-15801-比較

GAPDH (D16H11) XP® Rabbit mAbを、CST標識法または、他社DIY標識キットでHRP標識しました。これらのHRP標識抗体を同一濃度で用い、C6細胞およびTHP-1細胞から調製したライセートを抽出物をスタンブロットで解析しました。これらの解析結果から、CSTカスタム標識抗体を用いることでDIY HRP標識キットよりシグナルの特異性が向上することが分かります。

Alexa Fluor標識に関しては、この製品はLife Technologies Corporationの知的財産ライセンスのもとで提供されます。この製品の譲渡には、購入者が購入した製品を、購入者により行われる研究にのみ使用し、受託研究やサービス研究による料金の受け取りをしないという条件が付けられます。また購入者は、以下のことを禁じられています: (1) この製品またはその構成品を (a) 診断、治療または予防の目的で使用すること; (b) 検査、分析またはスクリーニングサービス、または検査ごとの補償の見返りとしての情報を入手するために使用すること;または、(c) 製造もしくは品質保証/品質管理に使用すること、また、(2) 研究用途のための再販売であるかどうかに関わらず、この製品または構成品を販売もしくは譲渡すること。上記以外の目的のための、この製品のライセンス購入に関する情報については、5781 Van Allen Way, Carlsbad, CA 92008 USAにあるLife Technologies Corporation、または[保護されたメール]にお問い合わせください。Alexa Fluor® はLife Technologies Corporationの登録商標です。Cy, Cy7, CyDye. Pacific BlueはMolecular Probes, Inc.の登録商標です。他のすべての商標はそれぞれの所有者が権利を有します。詳細はcellsignal.com/trademarksをご覧ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink