ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
がん

がんは複雑で不均一な疾患であり、遺伝的変化やエピジェネティクス変化によって、正常な細胞機能が損なわれることで発生します。がんのメカニズムをより良く理解するために、Hanahan博士とWeinberg博士は、下記のような11のがんの特性と、2つのイネーブリング特性をリスト化しました。増殖シグナルの維持、増殖抑制の回避、細胞死への抵抗性、無秩序な複製による不死化、血管新生の誘導、浸潤能および転移能の活性化、エネルギー代謝のリプログラミング、免疫応答の回避、ならびに、がん細胞の生存を強化かるような2つの特性(ゲノムの不安定性と変異、そして腫瘍促進性の炎症)。Cell Signaling Technology (CST) には、新規治療法の開発からがんの病態に関する新たなインサイトの発見まで、多様でダイナミックながん研究のニーズをサポートするために、非常に信頼性が高く、感度が高い、検証済みの幅広い製品カタログを基盤とする、極めて重要な専門知識があります。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink