ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

ウェスタンブロット (免疫ブロット)

ウェスタンブロット (免疫ブロット)

ウェスタンブロッティングは、細胞や組織の抽出物における、タンパク質の発現レベルを検出するのに広く用いられる手法です。この手法は、検出したいタンパク質に特異的に結合する抗体を用いて、サンプル中のタンパク質レベルを測定します。

CSTは、徹底した検証プロトコールに則って、特異的で信頼性の高い抗体をご提供しており、お客様に、再現性が高く意義深いデータを、安定して取得していただけるよう尽力しています。

CSTは、CSTプロトコールを使用して社内で検証された幅広いプロトコール関連製品を提供していますので、お客様は実験完了までに必要なすべての試薬を手に入れることができます。

ウェスタンブロッティング関連製品:

ウェスタンブロッティングゲル

様々な細胞を図中に示したように処理し、細胞抽出物を、未処理コントロールと並べてPhospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060 (左)、Akt (pan) (C67E7) Rabbit mAb #4691 (右) を用いたウェスタンブロッティングで解析しました。LY294002 #9901:PI3キナーゼ阻害剤。Human Insulin-like Growth Factor I (hIGF-I) #8917:IGFIRに結合してAktを活性化する。Human Platelet-Derived Growth Factor AA (hPDGF-AA) #8913:受容体に結合してPI3K/Akt経路を活性化する。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink