ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

CUT&RUNのリソースセンター

CUT&RUNによるクロマチンのプロファイリング

 

CUT&RUN:概要

CUT&RUN (Cleavage Under Targets & Release Using Nuclease) は、標的に特異的な一次抗体とpAG-MNaseを用いて、ネイティブなクロマチン上のタンパク質-DNA複合体を分離し、qPCRや次世代シーケンシング (NGS) による解析を可能にする新技術です。私たちは、どのようにCUT&RUNがヒストン、転写因子および共因子に適合するか、いかに少ないサンプル量しか必要としないか、細胞からDNAへ進むために1 - 2日で可能なのか、および非常に低いバックグラウンドの信号のために、より少ないNGSしか必要としないかを実証するためのビデオ、応用ノート、eブック、ブログ等などを編集しました。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink