ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

発生生物学と幹細胞

発生生物学と幹細胞

発生生物学の研究では、胚発生期の組織の成長や形成、組織の維持や創傷治癒に関与する幹細胞が注目を集めています。これらのメカニズムは、Wnt、Hedgehog、Hippo、Notch、TGF-βなどのシグナル伝達経路が協調することよって制御されています。これらの制御が破綻すると、がんの発生、増殖、転移の原因になることがあります。がん幹細胞 (CSC) は、腫瘍の発生、細胞増殖、転移、化学療法や放射線療法に対する抵抗性などに関与していると考えられています。CSCを研究することで、がんのメカニズムを解明し、新しい治療法を開発することができるかもしれません。Cell Signaling Technology (CST) は、正常な発生、がんの進行、その他の変性疾患などの根底にある発生シグナル伝達経路や基本的なメカニズムを解明するための検証済みの製品を幅広く取り揃えています。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink