ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

RNA調節と翻訳制御

RNA調節と翻訳制御

遺伝子発現は、転写後や翻訳制御の段階においても制御され、発生、細胞分化、代謝などの様々な細胞プロセスを調節しています。メッセンジャーRNA (mRNA) の転写後修飾とプロセシングは、mRNA分子の量と局在、下流のタンパク質への翻訳を制御しています。RNAのライフサイクルは、多くのRNA結合タンパク質 (RBP) によって制御されており、これは正確で基本的な遺伝子の発現を実現させるために不可欠です。これらのRBPやプロセスの制御が損なわれると、がん、アルツハイマー病などの神経変性疾患、脊髄筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症 (ALS)、自己免疫疾患などの多くのヒト疾患の原因となる可能性があります。Cell Signaling Technology (CST) は、RBPやRNA修飾を調べる抗体を用いて高品質なデータを取得し、RNAのライフサイクルを制御するプロセスを解明する研究を支援するパートナーです。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink