ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

エピジェネティクス

エピジェネティクス

エピジェネティクスは、DNA配列変化を伴わない、生物の遺伝的表現型の変化の研究と定義されています。言い換えると、エピジェネティックスとは、DNA修飾、ヒストン修飾、遺伝子発現の遺伝的変化を調節するクロマチン調節タンパク質の研究が関与しています。疾患のエピジェネティックドライバーの理解は、がんのほか、代謝疾患、神経疾患、炎症性疾患、心血管疾患の一部などでみられる転写異常の検出と防止のために非常に重要です。細胞や組織におけるエピジェネティクス変化を調べることができれば、疾患や、正常な機能や発生の原因となるメカニズムの知見が得られる可能性があります。この目標に向けて、Cell Signaling Technology (CST) は、多様な製品カタログ、エピジェネティックスアッセイ、PhosphoSitePlus®データベースなどのリソースを含む包括的なプラットフォームを提供しています。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink