ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

アポトーシス阻害シグナル伝達のインタラクティブパスウェイ

© Cell Signaling Technology. All Rights Reserved.
ハイライトされた結節点

パスウェイの説明:

細胞が生存するためには積極的にアポトーシスを抑制することが必要であり、アポトーシス促進因子の発現を阻害すると同時に、抗アポトーシス因子の発現を促進しています。PI3K経路は多くの生存因子によって活性化され、これによって細胞生存のシグナル伝達において重要な役割を担うAktが活性化されます。PTENはPI3K/Akt経路を負に制御します。活性化したAktはアポトーシス促進因子であるBcl-2ファミリーに属するBad、Bax、Caspase-9、GSK-3、FoxO1をリン酸化し、阻害します。多くの成長因子およびサイトカインは抗アポトーシス因子であるBcl-2ファミリーの発現を誘導します。JakとSrcはStat3をリン酸化することで活性化し、さらに活性化Stat3はBcl-xLとBcl-2の発現を誘導します。Erk1/2とPKCがp90RSKを活性化することによってCREBが活性化され、この経路もBcl-xLとBcl-2の発現を誘導します。これらBcl-2ファミリーのメンバーは、ミトコンドリアの完全性を保ち、シトクロムcの放出や、それに続くCaspase-9の活性化を防ぎます。TNF-αはアポトーシス促進経路、および抗アポトーシス経路の両方を活性化する可能性があります。すなわち、TNF-αはCaspase-8およびCaspase-10を活性化することでアポトーシスを誘導しますが、NF-κBを介してアポトーシスを阻害することもできます。NF-κBは、Bcl-2などの抗アポトーシス遺伝子の発現を誘導します。cIAP1/2は、TRAF2に結合することでTNF-αシグナルを阻害します。FLIPはCaspase-8の活性化を阻害します。

参考文献:

この図をレビューして下さった、ハーバード大学医学大学院 (マサチューセッツ州、ボストン) のJunying Yuan教授に感謝いたします。

作成日2008年9月

改訂日2012年11月

  • キナーゼキナーゼ
  • ホスファターゼホスファターゼ
  • 転写因子転写因子
  • カスパーゼカスパーゼ
  • 受容体受容体
  • 酵素酵素
  • アポトーシス促進性アポトーシス促進性
  • 生存促進性生存促進性
  • GAP/GEFGAP/GEF
  • GTPaseGTPase
  • Gタンパク質Gタンパク質
  • アセチル化酵素アセチル化酵素
  • 脱アセチル化酵素脱アセチル化酵素
  • リボソームサブユニットリボソームサブユニット
  • 直接刺激型修飾直接刺激型修飾
  • 直接阻害型修飾直接阻害型修飾
  • 多段階刺激型修飾多段階刺激型修飾
  • 多段階阻害型修飾多段階阻害型修飾
  • 仮の刺激型修飾仮の刺激型修飾
  • 仮の阻害型修飾仮の阻害型修飾
  • サブユニットの分離または開裂産物サブユニットの分離または開裂産物
  • サブユニットの連結サブユニットの連結
  • 移行移行
  • 転写性刺激型修飾転写性刺激型修飾
  • 転写性阻害型修飾転写性阻害型修飾
Powered By OneLink