ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>

14-3-3タンパク質ドメイン

リン酸化Ser/Thr結合:14-3-3ドメイン

TrkAリン酸化ペプチド () に結合した、二量体ヒト14-3-3 ζ

ドメイン結合および機能

14-3-3遺伝子は、分子量約30 kDaの高度に保存された酸性タンパク質の普遍的なファミリーをコードしており、真菌、植物、動物と、多様な真核生物で確認されています。哺乳動物は、7つの密接に関連したファミリーメンバー (β、γ、ε、η、σ、τ、ζ) をコードしており、アポトーシスやストレス応答、細胞周期など、様々な細胞プロセスに関与しています。これらの最も重要な機能は、配列特異的に、リン酸化セリン/リン酸化スレオニンモチーフに結合することです。単量体14-3-3タンパク質は、9つのαヘリックスからなる三次構造を持ちます。これらは二量体化することで生物学的な機能を獲得し、二量体タンパク質は「U」字型に似た構造を形成します。14-3-3タンパク質は、がん、クロイツフェルト・ヤコブ病、アルツハイマー病、およびミラー・ディーカー症候群など、様々な疾患に関与していることが知られています。

構造の参考文献

  1. Rittinger, K. et al. (1999) Mol. Cell 4, 153.

ドメインタンパク質の例

リン酸化Ser/Thr結合:14-3-3ドメイン

結合の例

14-3-3結合パートナー 機能
Cdc25チロシンホスファターゼ 細胞周期の調節
Bad Bcl-xL結合パートナー アポトーシスの制御
c-Raf Ser/Thr Kinase キナーゼ活性の調節、シグナル伝達
PKC Ser/Thr Kinase シグナル伝達
MEKK1,2,3 Ser/Thr Kinase シグナル伝達

結合部位のコンセンサス配列

R-X-[Ar/S]-[+]-pS-[LEAM]-P or R-[S/Ar]-[+]-pS-[LEAM]-P
Ar=芳香族アミノ酸残基、[+]=塩基性アミノ酸残基、pS=リン酸化セリン残基

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink